月

8月の暮らし

うっとうしい梅雨がようやく明けて一気に暑い夏が来ました。
プールで遊び疲れた子どもたちがぐっすりとお昼寝をしています。そこだけは日焼けしてないピンク色の足裏を並べています。何ともかわいらしい光景です。

今月も暑くても元気に通ってくる子供たちと楽しい鷲宮保育園・鷲宮第二保育園の暮らしを営みたいと思います。小学生も中学生も夏休みに入る酷暑の季節です。ご家庭と手を携えて何より「健康」を心がけて暮らします。

保育園は今月を、お休みをしても欠席扱いをしない自由登園といたします。課題活動はお休みをして暑さをしのいでのんびりと過ごしたいと思います。子供たちの気分やお天気次第で「今日は何して遊びたい?」「お散歩はどこにしますか。電車を見に行きますか、それともザリガニつりにしますか」など、その日その日登園した子供たちと担任の先生が相談しあって決めたいと思います。

 

プール遊び

晴れた日は一定時間毎日のように子供たちの大好きなプールで遊びます。先月から始めた水遊びですが、すでに何人か達磨浮きをしたりバタ足で泳げるようになっています。ボートやボール、色石など、いろいろな水遊び用品を使って、恐れないで水に慣れて親しめるよう徐々に指導を行います。
水質検査、水温計測、水量管理、プールサイドの清掃は毎日行います。入水前後の準備体操、整備体操、シャワーによる身体洗浄を必ず行って、万が一にものプール遊びを原因とした怪我や結膜炎などの病気を防ぎたいと思います。

 

サマープレイナイト 

8日(金)運動公園でご家族、卒園生も迎えての夏祭りが行われます。おみこしやヨーヨーすくいなど縁日気分を味わいます。大勢のご参加をお待ちしております。

 

鷲宮西地区コミュニティ祭り

24日は鷲宮西地区コミュニティ祭りにさくら組全員が参加し、地域の皆様に歌や楽器演奏を披露して喜んでいただきます。

日常の暮らし

緑陰での読み聞かせ

風通しのよい欅の下に花ゴザを敷いて子供たちの大好きな絵本や紙芝居をたくさん読んで聞かせたいと思います。ちょっと疲れたらそこに寝転んでのんびりします。

セミとり

園内には大きなけやきが何本も、また近所の公園の樫が葉を茂らせ幹にはたくさんのセミがとまってないています。アブラゼミ、ニイニイゼミ、法師ゼミなどにぎやかです。セミを捕まえるのはなかなか難しいので取れたときの喜びは格別です。みんなで挑戦したいと思います。

健康管理

健康管理におきましては、食中毒の予防に努めるのはもちろん、衛生的な環境、身体の休息に配慮して、夏ばて、寝冷え、熱射病、化膿性濃化疹(とびひ)などの病気から子供たちを守りたいと思います。具体的には

  • 身体を清潔に保つ(爪髪体)
  • 食事の前は必ず手を洗う
  • 外遊びのときは帽子をかぶる
  • 炎天下では遊ばない

など、丁寧に指導したいと思います。
ご家庭でもこの時期はご家族そろってのご予定がたくさんおありのことと思います。お盆を迎えお墓参り、帰省、海、高原、温泉、山、プールなどのおでかけなど。ぜひご家族ならでは夏ならではのさまざまな貴重な経験をさせて頂きたいと思います。


子育て支援センターからこんにちは

WEB教育学級

行事カレンダー

インフォメーション

園生活時の外傷への対処について

この度、鷲宮保育園・鷲宮第二保育園では当法人医療顧問・森文子医学博士のご指導の下に、擦り傷・切り傷など外傷に対する保育園での対処方法を見直すことと致しました。
新しい対処方法は次の通りです。

  1. 外傷が発生したら保育士が流水で傷を十分洗い流し、汚れや異物を取り除く。
  2. 痛みを和らげ、傷を保護する為、ワセリンを塗布する。
  3. 傷を覆う必要がある場合は、傷に張り付かないタイプの救急絆創膏やガーゼを使用する。

散歩など園外に出かける場合は、清潔を保ったボトルに洗い流し用の水を毎回入れ替えて携帯し対処を行います。
消毒薬は皮膚の再生を阻害し、また、アルコール成分による痛みやアレルギーが起こる事があるということで使用を控えることに致しました。
ご理解いただきます様よろしくお願い申し上げます。

子育て談話室

わしのみや保育園
 子育て支援センター
毎週月曜日・金曜日 9:00~12:00
担当:松本・中村・竹原

健康相談

発達や病気予防について、なんでもご相談下さい。

発達支援巡回

当園は埼玉県の発達支援巡回と連携をとっています。

子供たちの好きな遊具玩具

☆☆☆ レインボー噴霧器「虹の鳥」 ☆☆☆

 

    よく晴れた日、鳥型ポンプにたっぷりと水を入れて頭のポンプを上下させれば準備万端です。口ばしの細長いノズルから「ふわ~」っと空に霧が広がり太陽の光を浴びて見事な虹が浮かび上がりました。「うわー、虹だ!虹だ!」と大歓声でした。