薫藤園・もくせいの里・清和園 合同敬老会

薫藤園 平成26年秋
ku1410_1-2

羽生市長 河田晃明様より お祝いの言葉をいただきました

 

この度薫藤園、もくせいの里、清和園合同敬老会を開催にあたり、羽生市長河田様はじめ大勢のご来賓、地域からボランティアの皆様をお迎えし、ご一緒に賑やかに和やかに行う事ができました。
まことにありがとうございました。

統括園長 竹下 昭 

理事長挨拶

社会福祉法人さきたま会理事長 竹下成子 

ku1410_1-1炎暑の季節が過ぎて、稲田も稔り良い季節になりました。皆様暑い夏を乗り越えて、爽やかで窓を開けるのもお散歩も楽しみなこの頃です。ご利用者の皆様にはそろってニコニコと、お顔色もつやつやとお元気で敬老の日をお迎えになり誠におめでとうございます。

皆様のご長寿をお祝いして、羽生市長河田様はじめ中島議員、社会福祉協議会久保田局長、区長の皆様など大勢のご来賓の皆様に薫藤園、清和園、もくせいの里合同の敬老会にご臨席いただくことができました。琴の音会の皆様もお越しいただき、素晴らしい演奏をご披露下さいました。賑やかに和やかに皆様のご長寿お祝いの会が開催できますことを誠に嬉しくありがたく御礼申し上げます。

ku1410_2-18四名の百寿を超えたご利用者様も益々お元気でいらっしゃいます。皆様は今まで社会やご家庭で家族を支えて一生懸命働いて歳月を過ごされました。おかげさまで平和で豊かな私たちの今の日本の社会、そして皆様の大切なご家庭があります。皆様のご功績に対して改めて、心から敬意を表すると共に感謝を申し上げます。これからも益々お元気で薫藤園の暮らしを楽しんでいただきたいと思います。

ku1410_2-14

薫藤園では

 「心豊かに明るく健やかに」

 「長生きをして本当に良かったと思える暮らし」

を法人の運営の指針として、皆様に生きがいを持った暮らしをしていただきたいと努めているところです。

ありがたいことに地域の皆様にもこの生きがい支援という方針を理解してご支援をいただいております。ボランティアの皆様、ご面会の人数は年間延べ三千人以上です。お習字や生け花や俳句クラブなどで楽しんでいらっしゃいます。今年も大勢のみなさんの作品が県の展覧会に出品されました。とても素晴らしいと思います。そしてミニトマトやキュウリやゴーヤなどを栽培、収穫され、みんなで新鮮なものを召し上がる暮らしもまた素晴らしいなと思っています。出来ることはご自分でという見事な自助の精神です。庭で育てた野菜は美味しいと思います。高齢になって徐々に人の力を借りるようになるのは当たり前で何の遠慮もないことです。しかし出来ることをご自分で行い、生きがいを感じながら生活されている薫藤園の皆様の自助の精神を私も誇りに思います。

自分で出来ることはする自助、近所や家族が共に助け合う共助そして公の力に頼る制度、公助が良いバランスを取って住みよい社会が目指せると申します。薫藤園の皆様の暮らしはまさにそのものです。

利用者の皆様の自助の心、また秀安地域の皆様の防災訓練などボランテアなどを行うなどの共助活動、また市長様はじめ民生委員様など公助によって成り立っている施設運営です。

内閣府の調査によりますと、高齢者が年々植えて全国の人口の約25%になりました。そのうち一人暮らし男性が11%、女性が20%になり、3日間誰とも会話をしない人が41%、女性は31%になるそうです。暑い寒いなど他愛のない話ができるのは当たり前のようですが幸せなことですね。

ku1410_2-13ku1410_2-6

薫藤園は何よりお話相手のお仲間がたくさんいます。河田市長はじめ地域の皆様に支えていただきながら、薫藤園の皆様の暮らしが「長生きをして本当に良かった」と思っていただけるよう努めてまいりたいと存じます。

これからも益々ご健勝で園の暮らしを楽しんで頂だきたいと思います。

皆様のご長寿まことにおめでとうございます。

 

敬老会の楽しい様子

9月17日に敬老会が盛大に開催されました。大変お忙しいなか羽生市長河田晃明様をはじめ大勢の来賓の皆様のご出席を賜り有難うございました。

ku1410_2-2藍染、お習字の作品に囲まれた和みの雰囲気の中、ご長寿のお二人、百寿、卒寿、米寿、傘寿、の方々に記念品の贈呈を来賓の方々からお一人おひとりに手渡しされると、とても嬉しそうに笑みがこぼれていました。

百寿のお祝いの江森友乃様より受賞者の代表挨拶をいただきました。「本日は、お祝いをいただきありがとうございました。これからも健康に気を付けて頑張りたいと思います」と力強く、またとても嬉しそうにおっしゃっておりました。

今年も皆様が楽しみにしておりました琴の音会様によるお琴演奏には、優しい音色で心癒され、皆様も一緒に口ずさんでおりました。むじなもんといがまんちゃんの登場に会場は大歓声で、皆様の目も輝いておりました。「むじなもん体操」を来賓の皆様、職員、利用者の方々も一緒に元気よく踊りました。

ku1410_2-1 ku1410_2-15
琴の音会の皆様              むじなもん体操!!

会食では、お祝い膳の蓋を開けたとたん「わあ、美味しそう」と笑顔がみられておりました。皆様生き生きとした表情で「美味しい、美味しい」と召し上がっており「また長生きできるよ」と喜んでおられました。

御来賓の方々もカラオケにて美声を披露していただき河田市長の「よこはま たそがれ」の歌声には皆様から大歓声と拍手が送られておりました。

今後もご利用者一人一人に寄り添い「長生きをして本当によかった」と思っていただけるよう職員一同精一杯努めてまいりたいと思います。

 

第22回 夜間地域合同避難訓練

薫藤園 平成26年秋

秋深まる今日この頃、薫籐園では第22回夜間地域合同避難訓練を10月18日に実施いたしました。

第22回 夜間地域合同避難訓練

訓練に参加頂いた市消防本部・薫藤園災害救助協力会(地域の皆様、消防団第六分団)の皆様、ご指導ご協力、ありがとうございました!!

羽生市消防本部の方々のご指導のもと、新館ユニット介材倉庫より出火想定にて、非常放送で「入居者の皆さん、落ち着いて行動して下さい。新館ユニット介材 倉庫から出火です」と放送が流れると地域災害協力会、消防団(第六分団)職員と一体となり利用者様を安全な場所へと車椅子の方、担架に乗せられている方を 無事に誘導し避難することが出来ました。また、煙体験、簡易担架作製体験も勉強になりました。

ku1410_3-1

消防本部真家小隊長の講評の中で、ニュースで報じられている事件、事故、災難の心構えをご指導して下さいました。地域の消防団(第六分団)災害救助協力会の皆様、夜間にもかかわらずお力添えを頂きまして利用者の皆様方も安心して暮らせることに感謝をしております。

備えあれば憂いなし。職員一同気を引き締めて、心強い皆様方のご指導を教訓として頑張ってまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

各保育園との交流会

薫藤園 平成26年秋

鷲宮保育園との交流会

9月19日(金)に鷲宮保育園の園児さんとの交流会が行われました。
午前中は交流ホールにて園児さん達がハッピを着て神輿を担いで入場、お歌、踊りの発表がありました。また、手遊びやクイズ大会ではご利用者様も参加されクイズに正解される度に大盛り上がりでした。

昼食は、デイホールにて園児さんとご利用者様が同じテーブルを囲まれ、ご利用者様は小さなお客様との時間に、目じりを下げながら心から楽しまれておられました。まるで、昔のお孫さんとの楽しい思い出を重なり合わせているようでした。

園児さんを乗せたバスが見えなくなるまで手を振られるご利用者様の表情は、とても優しく感じられました。

鷲宮保育園との交流会 鷲宮保育園との交流会

鷲宮保育園との交流会鷲宮保育園との交流会鷲宮保育園との交流会

鷲宮保育園との交流会 鷲宮保育園との交流会鷲宮保育園との交流会

鷲宮保育園との交流会鷲宮保育園との交流会

鷲宮保育園との交流会鷲宮保育園との交流会

鷲宮保育園との交流会 鷲宮保育園との交流会 鷲宮保育園との交流会
                         鷲保運動会にも参加

須影保育園交流会

9月16日、園児さん33名が引率の先生3名とともに来園され、地域交流ホールにて交流会が開催されました。

利用者様の前で元気な挨拶から始まり、歌と踊り(げんこつ山のたぬきさん、森のくまさん、幸せなら手をたたこう、盆踊り等)を披露してくれました。利用者様も手拍子や歌を唄って楽しそうにされておりました。

園児と一緒に手遊びもされ、笑顔が絶えないひと時を過ごされ、園児の元気を頂いたような気がします。

須影保育園交流会 須影保育園交流会

須影保育園交流会 須影保育園交流会 須影保育園交流会

須影保育園交流会 須影保育園交流会 須影保育園交流会

木村保育園交流会

8月6日に木村保育園の園児たちをお招きし、交流会が行われました。

きらきら星の歌に合わせて手遊びをしたり、大きな声でパタカラ体操を利用者様と一緒に楽しまれました。利用者様の前に一人一人園児たちが来る と、子どもたちの手を握り自分の孫のように園児たちとのふれあいに感激され、たくさんの笑顔がこぼれていました。別れ際はその手を離すのが名残り惜しそう なご様子でした。

木村保育園交流会 木村保育園交流会

木村保育園交流会 木村保育園交流会 木村保育園交流会

木村保育園交流会 木村保育園交流会 木村保育園交流会

1 / 212