薫藤園新年会 平成28年

薫藤園 平成27年冬~28年春
薫籐園新年会

新年を迎えて

社会福祉法人さきたま会 特別養護老人ホーム薫藤園 理事長 竹下成子

理事長 竹下成子皆様、新年あけましておめでとうございます。平成28年の年頭にあたり、お祝いと感謝のご挨拶を申し上げます。

薫藤園、羽生市もくせいの里、羽生市清和園合同の新年会のご案内を申し上げましたところ、羽生市長 河田晃明様を始め、大勢の地元を代表するお歴々の皆様方をお迎えし、ご一緒に新年をお祝いしていただくことになりました。皆様と共に心からお礼を申し上げたいと存じます。誠にありがとうございます。

今年もさきたま会の理念

「心豊かに 明るく すこやかに」
「長生きをして本当に良かったと思える暮らし」
「地域の皆様と共に」

のもとに、誠心誠意運営に努めてまいる所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

三猿の彫刻

三猿の彫刻

今年の干支は申年でございます。実はわたくしも年女でございます。そして、申年にちなんで、子供たちに彫刻を見せてくださいと、さきたま会の後援会の方がお持ちくださったのが、本日ここにあります猿の彫刻です。この口をふさいだり耳をふさいだり、目をふさいだりしているお猿さんは、薫藤園では開会の言葉にあったように「悪いことを見ない、悪いことを聞かない、悪いことを言わない」という風に解釈していただければ、大変良い彫刻になると思い、薫藤園に持ってくることにしました。
そして三猿の教えについて調べてみたら、世界中にこの教えがあるのですね。中国、ヨーロッパ、イタリアなど。イタリアの三猿は、眼鏡をかけています。そして耳には集音器を付けています。そして口だけはふさいでいるのです。ということは、良く聞いて、良く見て、そして物事は謹んで口を聞きなさいを言うことで口をふさいでいるのですね。そしてこれを見て、私の考えはこっちに近いのかなと感じたのですが、皆様はどうでしょうか?このように古くから各国で猿が教えを伝えていたことに驚いた次第です。

さて、新年はどなたさまも心をリセットしてスタートをされたと思いますけれども、皆様ご存知のように羽生市長様は、広報で「浩然養素」という孟子さまの教えを私たちにお示し下さいました。読めば読むほど味わい深い教えでございますね。「自分の行いが正しく誠実であれば、何事にも恐れない、何事も運が開ける。仕事もちゃんとできる。誠実に正しく身を正しなさい。愛情を持ってやっていきなさい」という孟子様の教えです。今年はさきたま会もこの「浩然養素」という教えにあやかりまして、誠実に皆様に「心豊かに 明るく すこやかに 長生きをして本当に良かったと思える暮らし」それをまた地域の皆様と共に叶えさせていただきたい。そしてこの方針にブレないように、誠心誠意、正しい心を持って一生懸命運営に努めてまいりたいと思います。とはいえまだまだ未熟者でございますので、本日ここにご臨席の皆様のご指導、ご協力を賜りながら運営に努めてまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
そして、結びになりますが、皆様のご健勝とご発展、今年が良い年でありますように心からお祈り申し上げまして、年頭のごあいさつとさせていただきます。

ku1603_1-4ku1603_1-3

新年のご挨拶をされる河田羽生市長様
旭町お囃子保存会様による、にんば・お囃子・五人囃子

輝かしい新年を迎え薫藤園では もくせいの里 清和園合同の新年会が1月11日に盛大に開催されました。
公私共にご多忙の中、羽生市市長河田晃明様ほか大勢のご来賓の皆様のご臨席を賜り有り難うございました。

今年の干支である猿の彫刻三猿とご利用者様が手がけた書初めが飾られた会場の中で旭町お囃子保存会様による伝統芸能 獅子舞 南京玉簾をご披露して下さいました。子供達も参加し小さな手でバチを振り、 リズムに合わせるお囃子の音色に皆様方も心躍らせ新しい年に希望と感動をもたらして下さった方々に感謝の思いがいっぱいです。
河田晃明市長様からは「羽生市は住みよい街として県下2番目、それもご利用者様達のお骨折りがあって今がある」と感謝の言葉を述べられると嬉しそうに頷き微笑んでおりました。

懇親会では恒例のカラオケをご披露して頂き、「北国の春」では歌に合わせて全員が“いつもの朝の体操”をするなど、ご利用者様も大変喜ばれておりました。新しい年を迎えこのように盛大に新年会が行われた事も地域の皆様方に支えられてのことと心より感謝しております。
薫藤園の理念に基づきご利用者様にとって楽しく笑顔で過ごせる様に職員一丸となって向上に努めて参ります。本年も宜しくお願い申し上げます。(須賀介護主任)

薫藤園の楽しい暮らし1 節分・初詣・クリスマス会など

薫藤園 平成27年冬~28年春

節分

豆まきの由来は、古来より、季節の変わり目には邪気が入りやすいとされ、邪気を払う為に行われてきた様々な行事のうちの一つでした。炒った豆は「福豆」と呼ばれ、歳の数だけ食べることで体の中に福を取り込み、一年の無病息災を願う意味が込められています。
このような豆まきの由来などを紹介した後、豆まきを行いました。豆まきの後には、鬼から「鬼のパンツ」と「赤鬼と青鬼のタンゴ」を一緒に踊りましょうとお誘いがあり、皆様も快く受け入れてくださいました。(本園 藤城介護士)

「なんで鬼に豆をまくの?」と問いかけに解らないとの声が聞こえました。

  1. 豆を始めとした穀物は古くから魔よけの力があると信じられていた
  2. 豆を魔目(魔物の目)に投げて、「魔を滅しよう」というごろ合わせ

との説明に利用者様から「へぇー」と感心する声が聴けました。その後、職員が鬼に扮し後ろから登場すると「鬼は外、福は内」と大きな声で力強く豆まきをされておりました。
羽生市では豆まきのほかに福が来るように、節分の日に炒った豆をお茶にして飲む習慣があるそうです。皆様に思い出して頂ければと思い福茶をいれ召し上がりました。とても香ばしくて「おいしいよ」と喜んで頂き嬉しく思います。(ユニット 中川リーダー)

初詣

初詣1月7日、小松神社まで初詣に出掛けました。車が到着すると、祢宜様がお出迎えしてくださり、お参りの仕方のお話と神社内の案内をしてくださいました。
ご利用者の皆様は手水舎で清めをしてから、二礼二拍手一拝の作法で拝礼し、無病息災、家内安全を祈願しました。今年も皆様にとって良い年でありますように…(デイサービス 白石介護士)

 

合同クリスマス会

ku1603_3-1412月24日合同ク-リスマス会にスマイルの皆様が来てくださいました。イルミネーションで夜の雰囲気につつまれた会場に、利用者様は感動されておりました。トーンチャイムの演奏が始まると、ホールいっぱい優しい音色が広がり、利用者様はうっとりと聞き入っていました。
クリスマスソングを歌い楽しいひと時を過ごされた後は特養の食堂ホールへ移動し、サンタさんからプレゼントを受け取ると、何が入っているのか楽しみな様子で笑みがこぼれていました。
ケーキと紅茶が用意されると「おいしいね!」と会話もはずみ、楽しいクリスマス会になりました。(本園 田中介護士)

ユニットにサンタクロースが来てくれました。ひげを忘れた若いサンタさんでした。交流ホールにて、音楽ボランティアスマイルの皆さんによるトーンチャイムにうっとりと聞き入ったり(赤鼻のトナカイ)を皆で合唱したりと、クリスマス気分をたっぷりと味わった後は、ユニットに戻り、おやつを食べプレゼントに大喜びです。今年のプレゼントはニット帽です。皆さん、気に入ってくれたようで、袋から取り出すとすぐにかぶってくれました。
思い出してみてください、皆さんのところには、サンタクロースは来てくれましたか?もしも、そのサンタさんがひげを忘れていたら、薫藤園に来てくれたサンタさんかもしれませんよ。(ユニット 川上介護士)

 

Xmas音楽会

12月25日、交流ホールにて南中学校コーラス部による合唱のボランティアがありました。
最初に利用者様が良く歌われる曲などが中心に歌われ皆様耳を傾け、口ずさむ方もいらっしゃいました。後半は各学年の生徒さんがそれぞれ考えた催しがあり、クリスマスに沿った曲が歌われました。
利用者様は手拍子をしたり、一緒に歌うなどして皆様笑顔で楽しまれました。(ユニット 堀川介護士)

 

 

薫藤園の楽しい暮らし2 イオン外出・大運動会・歌謡ショーなど

薫藤園 平成27年冬~28年春

イオン外出

今回は5名の方と一緒にイオンモール羽生へ買い物に行きました。店内ではハロウィン一色の雰囲気の中、みんなで記念写真を撮りました。
「おなかが空いたから、お寿司が食べたいね」と声が上がり、全員一致でお寿司屋さんへ行きました。大きな口を開け、それぞれ好きなネタを召し上がり「おいしかったわー」とお茶を最後に飲み干し、両手を合わせ満足されている方もおりました。
その後は、洋服・お菓子と皆様の希望に応え、職員が付き添い、両手いっぱいに買い物袋を下げ、笑顔で集合場所に戻ってきました。帰りの車の中では「楽しかったね、また行きたいね、」と皆様疲れた様子は見られず会話に華が咲いていました。(本園 清水介護士)

11月27日、少し風が肌寒く感じましたが、いい天気の中、藤倉様と蛭間様と職員2名で羽生のイオンモールへ外出しました。お二人の行きたい場所をお聞きし1階から3階まで誘導し、欲しい物をたくさん買うことが出来て大変嬉しそうでした。
昼食はお二人の大好物のお寿司を召し上がりました。蛭間様は今日がお誕生日でしたのでビールで乾杯しました。「あー、うまい」「美味しい」と最高の笑顔でした。「今日は本当にイオンに来れて良かった。」楽しかった、また行きたいねと話されていたので、また機会があれば御利用者様と同行し楽しみのお手伝いが出来たら幸いです。(ユニット  山口介護士)

 

大運動会

11月4日本園で運動会が行われました。利用者様の選手宣誓の大きな声で競技が始まり、まずボール回しゲームが行われました。隣の方にボールを一生懸命渡され 「早く早く!」との声も上がりました。次に紅白の玉入れが行われ、カゴに上手に入れておりました。最後はパン食い競争で、吊るされたパンに向かって額に汗をかきながら、パン食い競争を楽しまれました。(本園 寺山介護士)

11月9日秋季ユニット大運動会を開祭致しました。ご利用者様は朝から勝負を楽しみにしておられました。
紅白代表の方による選手宣誓をスタートの合図にいよいよ競技開始です。皆様の目はメラメラと勝負に燃え、玉入れ・菓子食い競走と進み、最後は借り物競走でした。『園長先生』の札を引き、お二人でゴールされるとハイタッチをして勝利を味わっておられました。(ユニット 石部介護士)

 

梅澤様 歌謡ショー

12月7日、歌手の梅澤様がご来園下さいました。
童謡や昔ながらの歌を披露して下さると、皆様一緒に口ずさんだり時に涙などを流しておられました。また、素晴らしい歌声で自然と手拍子が出る程で、聞き入っていられる利用者様ばかりでした。「やっぱり何度聞いても、梅澤さんの歌は迫力があっていいね」と話されていました。その中でも、一番良かった歌は「ふるさと」ではないでしょうか。全員一緒に、それぞれの故郷を想いながら大合唱していた姿が感動的で、素晴らしい心にのこる歌謡ショーでした。(ユニット 矢島介護士)

 

花梅流 舞踊

12月8日交流ホールにて花梅流の舞踊が行われました。
最初に花梅流の娘さんの舞から始まり、「花街一代」の音楽に合わせての素晴らしい舞でした。美空ひばりさんの「柔」の曲がかかった時は口ずさむ利用者さまもいらっしゃいました。その曲ごとに衣装を替え、とても素晴らしい踊りでした。「アジアの海賊」では海賊の衣装を着て迫力ある舞を披露して頂き、鳥肌がたちました。
最後の師範の先生の「みだれ髪」では、落ちついたとても素晴らしい舞でした。先生のお歳を聞き、利用者さま職員とも驚かされ、共々元気を頂いた時間でした。ユニットに戻り、利用者さまから「すごく素晴らしい踊りだったね」との声があがり、とても楽しい時間でした。(ユニット 中川リーダー)

 

カラオケ

ユニットにてカラオケを開催しました。この日を楽しみに、持ち歌を用意し、自慢の喉で懐かしの名曲を熱唱されました。歌わない方も懐かしさから手拍子をとったり、歌を口ずさむ方等様々でした。
子供の頃に歌った童謡の「むすんでひらいて」を職員と利用者様全員で合唱し、元気に手を動かし大いに盛り上がり楽しまれました。カラオケも好評の内に終える事が出来、参加された方の笑顔を伺う事も出来ました。(ユニット 箭内介護士)

1 / 212