みずほの里でこころもからだもほっかりと温め毎日元気!

みずほの里デイサービス 平成25年冬~26年春

みずほの里 通所介護所長 夢川弘子 

ほのかに甘い香りを漂わせ凛と咲く梅の花。当地も見頃を迎えております。早春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。又、日頃より当施設運営につきましてご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、最近ご利用者様からこんな話を聞きました。
毎日元気でいたいと思いながらも年を重ねるにつけ「風邪をひきやすくて困る」「毎日なんだかだるくて…」といった不調を感じるとの訴えです。ある日看護の専門誌に学んだのですが、このような症状は基礎体温が低下しているとの事。夏場でも冷えに悩む人が増えているそうです。もし体温が36度を下回ることが多いとしたら要注意。一般的には免疫力は基礎体温に比例するのだそうです。

「冷え」は手足の冷たさで実感できるものですが、低体温は日常の生活習慣によるもので知らずしらずのうちに陥りやすく対策もしづらいそうです。

「冷えは万病のもと」

mi1408_14近頃免疫力が低下していると感じた方、みずほの里の暖かい部屋で又ポカポカのお風呂で身体を温めて皆と一緒に笑顔で体操してみませんか! そしておいしい食事、コーヒー、紅茶、お茶、を飲みながら語らい基礎体温を1度上げてみましょう。きっと毎日元気になりますよ。
皆様のご利用、職員一同心よりお待ちしております。

これからも当施設の「心豊かに 明るく 健やかに」「笑顔あふれるもうひとつ我が家」を目標に
「長生きして本当に良かった」と思える施設づくりを目指しがんばっていきたいと思います。
どうか変わらぬご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

デイサービスの楽しい暮らしから

みずほの里デイサービス 平成25年冬~26年春

不動岡不動尊

mi1402_d1-1 mi1402_d1-2

今年も不動尊に初詣に行きました。 皆様が良い年でありますように。

羽生市・菊まつり

mi1402_d2-1 mi1402_d2-2

今年はムジナモンも登場。「大したもんだねぇ」と菊の香り漂う中、楽しいお花見でした。

年越しうどん

mi1402_d2-3

みなさん慣れた手つきでうどん打ち。おいしいうどんが出来ました。

秋まつり

mi1402_d2-4

デイサービス職員による「ふるさと音頭」

羽根つき!?

mi1402_d4-02 mi1402_d4-01

童心に返りついつい夢中になってしまいました。 大勢でやるととても盛り上がります!

将棋

mi1402_d4-03

「この手でどうだ!」 「その手があったか・・・」

グリーンハーモニーの皆様

mi1402_d4-06

グリーンハーモニーの皆様の素敵なハーモニーにうっとり。

クリスマス会

mi1402_d4-04 mi1402_d4-05

プレゼントや出し物、賑やかで楽しいひとときでした。
みなさん楽しそう!最高の笑顔ですね。

餅つき

mi1402_d4-07

毎年恒例の餅つきつきたてをいただきました。「おかわり!」の声も。

地域合同防災訓練

mi1402_d4-08

地域の皆様のご協力もあり、速やかに避難することができました。

豆まき

mi1402_d4-09

「鬼は~外! 福は~内!」 笑い声も響き、賑やかな豆まきになりました。

福笑い

mi1402_d4-10

二枚目のひょっとこの完成!!

新年会

mi1402_d4-11

新年会では、みなさんと一緒に踊りを踊りました。

加須西中学校の生徒さん

mi1402_d4-12

加須西中学校の生徒さんと一緒に!若さを分けてもらいました。

デイサービスの健康管理

みずほの里デイサービス 平成25年冬~26年春

変形性膝関節症

看護師 糸井 ゆかり 高山 菜穂子 

加齢などに伴い関節が変形して痛みが起こる病気です。最も多い膝の病気の一つでありまた膝の痛みの原因として最も多いものです。
脊柱管狭窄症や骨粗鬆症とともに「寝たきり」や「要介護」状態をおこす三大要因の一つとされています。

症状の特徴として

  • mi1402_d3-1起床時膝のこわばり動きはじめの痛みなど
  • ひざに「水」がたまる
  • 進行すると歩行困難になり生活に大きな支障が生じる

治療法として

  • mi1402_d3-2運動療法
  • 装具療法(サポーター・杖)
  • 薬物(外用薬・内服薬・坐薬など)
  • 関節注射(ヒアルロン酸注射)

これらで効果がなければ手術療法なども考えられます。

膝の痛みを軽減させる基本体操をご紹介します。

腰掛け脚上げ体操

  1. 椅子に浅く腰掛け 椅子のふちをつかむ
  2. 片足のひざをゆっくり伸ばし足首を曲げる
  3. 床から10センチの高さにゆっくり脚を上げ5秒間保つ
    ゆっくり下ろし脚をかえて繰り返す。

mi1402_d3-3

◎片脚20回ずつ朝晩に1セットでまずは1ヶ月を目安に続けてみましょう。
※ただし、痛みや腫れなどの強い時、体調が悪い時は無理に運動は行わないでください。