みずほの里は笑顔あふれるもうひとつのわが家です

みずほの里 平成26年春~夏

特別養護老人ホームみずほの里施設長渡辺千代子 

盛夏の候となりました。夏休みに入った子供たちの賑やかな声が公園やショッピングセンター等で聞かれ、思わず足を止めて元気な姿にみとれてしまう事もしばしばです。

 ♪ 夏を愛する人は心強き人 ♪

と「四季の歌」でも歌われていますように、夏を謳歌する子供達や焼け付くような太陽に向かってまっすぐに背を伸ばしている向日葵を見ていますと、私共も力がみなぎってくるようでございます。
皆様におかれましても ご健勝にてお過ごしの事とお喜び申し上げます。また、常日頃当みずほの里に対しまして、深いご理解とご協力を賜っております事、心より感謝申し上げます。
暑い夏のさ中にあってもみずほの里は快適です。空調を適確に使いながら春夏秋冬適温で日々の生活を楽しんでいます。

生活のひとコマですが。過日ホールにて運動会を行いました。青赤黄組の代表が選手宣誓「私達は正々堂々と戦います」のもと、玉入れ・障害物・パンくい競争など、しばし童心に返って競技に挑み、迫力満点で大いに笑い大いに楽しんだ一日でした。

mi1408_1-4 mi1408_1-3

また、7 月 5 日は毎年恒例の地元のお祭り天皇様でした。
心配した雨も昼過ぎには上がり、まだ太陽が沈みきっていない夕方 7 時過ぎ、待ちに待った御神輿がみずほの里に到着。みずほの里の職員も担ぎ手になって上下させながら左へ右へ、勇壮な御神輿の舞を目の前で十分楽しみました。 そして、地元の皆さんとご一緒におにぎりやチキンの唐揚げ、スイカ・メロン等の果物をいただきながら歓談。また来年を楽しみに拍手でお送りしました。

mi1408_1-1 mi1408_1-2

今年度はお抹茶を楽しむお茶会も始まりました。7月のお茶会では市内在住の齋藤紀恵子先生にお願いし、先生に立てていただいたお抹茶と一緒にかのこを召し上がっていただきましたが、お茶もお菓子も美味しいと大好評で、早くも次回を心待ちにしております。

みずほの里ご利用者の皆様が楽しく充実した日々をお過ごしいただけます事が私どもの願い、 務めでございます。当さきたま会の目標

「心豊かに明るく健やかに」
「長生きをして本当によかったと思えるくらし」

を職員一同常に念頭に置いて、今後共「安心安全で笑顔あふれるもうひとつのわが家」の充実に更に一層務めてまいる所存です。
暑い夏の中にあっても 快適な環境の元で、入居者の皆様お一人お一人と心を通わせながら 笑顔あふれる日々を営んでまいります。皆様におかれましては変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

mi1408_1-6 mi1408_1-5

藤見物・オカリナ演奏会・風船ゲーム大会・運動会・夏祭りなどなど、楽しい日々を営んでいます。

ボランティアの皆様 いつも本当にありがとうございます

みずほの里 平成26年春~夏

ホーム喫茶 不動岡ボランティア

mi1408_2-12 mi1408_2-10

不動岡ボランティアの皆様が入居者様お一人お一人の前にお菓子を運んでくださいます。目の前のお菓子は甲乙つけがたく、その中の一つを選ぶ楽しさと味わいそして、不動岡ボランティアの方々の大正琴に合わせた合唱・語らい 楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

寺門さん等による歌と踊り

mi1408_2-9 mi1408_2-11

地域の方々との交流。知り合いに会い懐かしさと嬉しさがこみ上げる方もいらっしゃいました。民謡・馴染みの歌に体も自然に動き出していました。

オカリナボランティア

mi1408_2-7 mi1408_2-8

初めて聴く音色にじっと聴き入っていらっしゃる入居者様です。演奏に合わせて懐かしい唱歌や歌を唄いました。オカリナの土の匂いのするような音に気持ちも「ほーっと」しました。

誠和福祉高校清掃ボランティア

mi1408_2-1 mi1408_2-6

誠和福祉高校の生徒さん達が施設の窓ガラスをピカピカに磨いて下さいました。一生懸命な生徒さんの姿に入居者の皆さんも「ありがとうございます。」と感謝の言葉を返されていました。

斎藤昭さんらによる交流

mi1408_2-3

おもちゃで遊ぶと幼い頃を思い出します。入居者様の幼い頃はどんなおもちゃで遊ばれていたのでしょうか?

習字クラブ

mi1408_2-4

川辺先生の丁寧で熱心なご指導により、「私は上手にかけない」と辞退する入居者様もいつの間にか夢中に書いておられます。

楽団ひとりさん

mi1408_2-2 mi1408_2-5

楽団ひとりさんお一人でいくつもの楽器を演奏されて私達を楽しませてくださいました。
幼い頃に覚えた歌は、入居者様を幼い頃に戻してくれます。

 

施設内研修

みずほの里 平成26年春~夏

おむつ交換

今回は、介護技術係が担当して おむつ交換手順の確認・見直しを行いました。
入居者様にとってとてもデリケートなことですので、お世話させて頂く職員も細かい心遣いが必要な業務です。技術だけではなく、心の面でも勉強しました。

mi1408_3-3 mi1408_3-1mi1408_3-2

入居者様のお一人お一人のお顔が違うように、それぞれの長い人生の中で培われた人生感を持っていらっしゃいます。そのことを何時も心に留めて、お一人お一人の状況に合わせたお手伝いができるように尊厳を持って対応させていただきます。

 

1 / 212