保護者から 2018年度

2018年度

2018/07 たんぽぽ組保護者 中里様

日々思うこと

今年は記録的に早い梅雨明けとなり、強い日差しの続く季節になりました。
子育てをしていると毎日が本当にあっという間に過ぎていきます。でも振り返ってみると、子供たちが日々少しずつ成長してきた事に気付きます。
毎日、顔じゅうご飯粒だらけになって食べるご飯、沢山のオモチャを浮かべて笑い声を響かせながら入るお風呂、家中どこでも私の後を追いかけ回す姿。どれもこれも今は当たり前のように続く日常の姿です。でも、あと数年もしたら見られなくなってしまう今だけの姿だと思うと、保育園での6年間がとても貴重な時間だということを感じます。
きっと息子と娘が大きくなった時、保育園に通っていた頃は大変な事もあったけれど毎日が賑やかで楽しかった!と当時が恋しくなる日が来るのでしょう。
子供たちの目から見ても、この時が温かく、いい思い出になって残るように、この特別な日常を大事に過ごしていけたらと思います。

 

2018/06 すみれ組保護者 高田様

気骨稜稜と

3歳になりトイレやお着替えなど、自分一人でできることがたくさん増えた息子。
お手伝いやお世話をするのも好きなようで、洗濯物をおたたみしたり、私が怪我をすると「よしよし、痛いの痛いの飛んでけ〜してあげるからね!」と言ってくれたりと、日々心がほっこり温まります。
そんな息子ももうすぐ赤ちゃんを迎え、お兄さんになります。優しいお兄さんとして更に成長していく様子が今から楽しみです。
とはいえ、まだ3歳になったばかり。
「やだやだ!」「しない!」と自己主張も盛りだくさん。親としてはとーってもやきもきする日々を過ごしていますが、自分の気持ちをしっかり出してくれているんだなぁと安心することでもあります。
信念をもった子になるよう、息子の名前に込めた「気骨稜稜(きこつりょうりょう)」。その言葉どおり、お兄さんになっても無理せず自分の想いを大切に過ごして欲しいなと思います。

 

2018/05 もも組保護者 原様

母の日

先日の母の日。これまでずっと「贈る側」で、自分が「もらう側」になるのはまだまだ先だと思っていたのですが、今年は思いがけず、娘からプレゼントが。
パパとふたりで買い物に行き、娘が大好きな「トイ・ストーリー」のエコバッグを見つけ、自分から「母の日に」と選んでくれたようです。「いつもご飯作ってくれてありがとう。ママ、頑張ってるからね。母の日のお土産!」とニコニコで渡してくれました。(あっという間に、そのエコバッグはおもちゃ入れになってしまいましたが・・・)
優しいところもたくさん見せてくれる反面、最近は悪い言葉を使いたい時期なのか、親に「あ~本当にうるさい」「ケチ」など悪態をつくことも。ついイライラしてしまったり、大袈裟ですが「将来どんな子になるのだろうか」と不安になることもあり、「すべて成長の証」と大きく受けとめられるようになりたいものです。
子供と一緒に親も成長していかなければ!と痛感する毎日です。

 

2018/04 うめ組保護者 萩本様

かわいいお兄さんになあれ!

早いもので息子もうめ組に進級し、保育園生活も残すところあと2年となりました。
乳児期の背中センサー、抱っこ魔に始まり、どこにでもひっくり返って泣き暴れ、ご飯時には味噌汁を滝のようにかぶり、おもちゃや家電等なんでも分解… 2人目ですが男の子の育児に免疫のなかった私にとって、5歳上の姉をも泣かす破壊神のような息子は、正直可愛く思えない時期もあり、苦行の連続でした。
園でも先生方には大変迷惑をかけていると思います。そんな息子に真摯に向き合って下さるお陰で、気づいたら朝泣かなくなっている! 聞き分けもよくなっている! 瞬間湯沸かし器のような短気がコントロールできてきたことに気づきました。振り回され余裕がなく、早く人間になってくれと思い続けていましたが、着実に成長しているのですね。
支えてくださる先生方、お友達に感謝です。
先日、私に怒った息子が「もう! ママとはけっこんしないからね!!」といいました。成長を願う反面、そのかわいさを忘れないでと、勝手なことを思う母です。(笑)

 

保護者から 2017年度

2017年度

2018/03 さくら組保護者 田原様

おおきなかぶら

五年前、入園式で見た『おおきなかぶら』。お兄さんになったらこんなに立派な劇を演じられるようになるのかと感激した日の事を覚えている。そして先日、お遊戯会で『おおきなかぶら』を息子が演じる歳になった。ドキドキしながら見守っていたが、大きな声で堂々と役を演じきった。入園して五年という月日が流れ、こんなにも立派に成長したのだなとしみじみと感動し、入園した日の記憶が重なり胸が熱くなった。
さて、我が家にはすみれ組に通う三つ年下の弟もいる。次男のお遊戯会での様子はというと・・・緊張した顔で舞台に登り、音楽がかかると一瞬揺れはしたがその後は棒立ち・・・先生に手を引かれ精一杯頑張った初めてのお遊戯会であった。お遊戯会での兄の姿がかっこいいと言っては毎晩ビデオを眺めている次男。君もあと数年後には兄と同じ舞台に立っているのだよ。日々成長していく子供達。今年もまた入園式の季節がやってきた。

 

2018/02 つくし組保護者 阿保様

娘の成長

立春を迎えても、まだまだ寒さは厳しい日々が続いています。少しずつですが、日が長くなり保育園からの帰り道に、ゆっくりお散歩しながら帰るのが最近の楽しみです。お散歩中、何かと興味をもって道草したり、「あー!」と指をさしながら私たちに発見したものを伝えようとする子供の姿を見ていると、随分成長したなぁと感慨深いものがあります。
思い返せば昨年のこの時期、親の姿が見えなくなると、泣きながらハイハイで追いかけてきました。これで保育園に通えるのかと、私たちも不安に感じていました。それが今や、自分の足で保育園に通い、つくし組の部屋に入っていく背中を見ると、その不安さえ懐かしく感じます。
保育園のお雛様を見て、我が家でもお雛様を飾らなくてはと思っています。今は夫婦でお雛様を飾っていますが、いつか子供と一緒にお雛様を飾り、家族みんなで雛祭りを楽しめる日が来るのを楽しみにしています。
もうすぐ卒園、入園シーズンです。4月から学年が一つ上がり、新しいお友達が入ってきます。今保育園で自分がしてもらっているように、優しいお姉さんになってくれたらいいなと願うばかりです。

 

2018/01 たんぽぽ組保護者 江本様

成長

昨年の11月で娘は2歳を迎えました。昨日出来なかった事が今日は出来た!という事を今まで以上に感じています。お話も上手になり「今日は○○ちゃんいたよー」「すべり台したよー」と保育園での事を教えてくれます。私たちが言っている事も理解して、意思疎通が出来るようになり、嬉しい反面、口も達者!?になってきました。「私たちも発言には気をつけなきゃね」とパパと言っています。
そんな娘に先日妹が産まれました。当初は赤ちゃん返りもあり、保育園へ迎えに行くと帰りたくない「イヤだー」とお部屋から中々出てこないこともありました。「ママ好きくない…」と反発もありましたが、最近では少しずつ変化がみられ「泣いているよ。ママ、抱っこして!」「おっぱいして!」と教えてくれるようになりました。オムツを交換していると、自分もアンパンマンのぬいぐるみを持って来て、「オムツ替えるー」と真似をしています。またお姉ちゃんと認識してきたのか、少しずつ「赤ちゃん」と呼んでいたのが「ゆまちゃん」と妹の名前も呼ぶようになりました。妹が産まれ、また一つ成長した事、嬉しく思います。あと一年後は姉妹で遊ぶ姿が見られる様になるのかなと今から楽しみです。
2月は一大イベントのお遊戯会があります。つくし組の時はまだあんよが出来ず、その場でダンスだけでしたが(それはそれで可愛かったんですが)今年はどんな成長が見られるのか、本当に楽しみです。娘がこんなにも成長し、楽しく保育園生活を送れている事、嬉しく思います。先生方とお友達には感謝の気持ちでいっぱいです。今後ともよろしくお願い致します。

 

2017/12 すみれ組保護者 成田様

幼少期の思い出

子育てをしていると、自分の幼少期を思い出すことが多々あります。私は幼稚園で育ちましたが、先生のことが大好きでいつも憧れの眼差しで見つめ、たくさん甘えさせてもらったことを思い出します。
幼児クラスに成長すると、いつも優しくて楽しい先生は憧れの存在になりますね。そして私は先生になりたいという夢を持ちました。七夕の短冊に願いを込めていた程です。そして今、幼児期からの夢を叶え、保育園の先生として働いています。先生の影響力は大きいですね。
先日の保育参観では質の良い楽しい保育を観させていただき、ますます先生方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。乳児期という大切な時期を毎日保育園で愛情を持って保育していただきすくすく育ち、我が家の娘もいよいよ春から幼児クラスに進級します。
娘にとっても先生は憧れの存在になるかな?何になりたいって言い出すだろう。どんなお姉さんになるかな?わくわくが止まりません!

 

2017/11 もも組保護者 岡田様

想像を超える娘の成長

娘がさくら草保育園に通いだして、あと少しで二年が経とうとしています。
通い始めた頃は、家では活発なのに外ではものすごく人見知りをして 「やだー、行きたくない」 と言う日もありましたが、今では仲の良い友達も増え、自ら園服を来て行く準備をしたり、その日の夜に今日1日の出来事を話してくれたり、明日の予定や持ち物などを教えてくれたりと楽しそうにしている様子や頼もしい一面も見受けられます。
家庭でも、以前はお兄ちゃんの後ろばかり付いていって追いかけっこや戦いごっこを一緒にしていましたが、最近は、クマのぬいぐるみ相手におままごとをしたり、自分で髪を結んだり、この服着たいとかアクセサリーを身につけたいというこだわりが出てきたりと女の子らしい部分も出てきています。
また、口もどんどん達者になっていき、「パパ~、ダメでしょ!」とよく怒られます(笑)
私は男兄弟で育ったので、娘の女の子らしい成長がどれも新鮮に感じます。
振り返るとここまでの成長はあっという間に感じられますが、まだまだこれからの想像を超える娘の成長も楽しみ。毎日、大好きな先生や友達と素敵な時間を過ごしていってほしいです。

 

2017/10 うめ組保護者 松村様

パパ、頑張ってね。

保育園に送った後、下駄箱のそばから手を振り、隼人が見送ってくれる。
2年前すみれ組へと転園して、慣れない園に泣きじゃくる中、かけていた言葉がいつしか自分にも向けられるようになった事に時の流れを感じる。
最近は、友達と早く遊びたいのか見送ってくれる時間も少しずつ短くなり、一声掛けるとすぐに教室へと背を向ける。少し淋しくもあるが成長の証と思う。
縄跳び、鉄棒、ひらがな、自転車、できる様になった事柄をいえば数えきれないほどで、どんどん成長していく様は最近の技術の進歩のようだ。先日、我が家にロボット掃除機を導入した。掃除するのを応援し始めたと思ったら今度は鬼ごっこ。その姿を見てつい吹き出してしまった。
君が大人になる頃には、どんな世の中になるだろう。そして君はどんな大人になるのだろう。色々と楽しみだ。

 

2017/09 さくら組保護者 辻様

あこがれのさくら草太鼓

新年度が始まってから早半年、あっという間に運動会の季節となりました。初めてさくら草保育園の運動会に参加した際、年長さんたちの圧倒的な太鼓の演奏に感銘を受けたことを覚えております。
娘がその舞台に立つのはまだまだ先と思っていたのに、時の流れは本当に早いものですね!最近は家でも太鼓の自主練を頑張っている娘(笑)本番が楽しみです。
毎日多くを学び、楽しく保育園生活を送れていることを心より頼もしく思い、先生方とお友達には感謝の気持ちでいっぱいです。残り僅かとなってしまった園生活ですが、より楽しく充実したものになりますように★
運動会では子どもたちの輝く笑顔を見れることを楽しみにしております!そして、さくら組保護者チーム綱引き悲願の一勝を心より願っております!!

 

2017/08 さくら・つくし組保護者 相澤様

姉妹の成長

優衣(さくら組)と美月(つくし組)が元気にさくら草へ通っています。
美月は6月頃から歩くようになり、最初はヨタヨタ歩いていたのが、今は足取りもしっかりしてきて、気づいたら目の前にいないこともしばしば。最近は「たーっち」と「ばいばーい」を覚えたようで、パパが会社に行くときも、「ばいばーい」「たーっち」をしています。嫌いなニンジンを口元に近づけると、ニンジンに対して「ばいばーい」としたりします。そんな使い方もあるのね!と大人が感心してしまいます(笑)
そんな美月に対し、優衣は妹と遊んであげたり、面倒を見てあげたり、着替えの服や薬を持ってきてくれたり、お姉さんとして日々成長していることがわかります。
また、家に帰ってきて、保育園であったことを楽しそうに話しています。先生や友達ととても楽しい時間を過ごしているのだなと感じております。
優衣にとっては、さくら草保育園へ通うのは最後の一年になりますが、美月共々、楽しく成長できる大切な時間を過ごしてほしいと願い、日々、色々なものを与えて下さる先生方には感謝しております。

 

2017/07 すみれ組保護者 小平様

三度の飯よりトーマスが好き

先月、3歳になった息子は「きかんしゃトーマス」が大好きです。きっかけは従兄弟からお下がりで貰った木製レールでした。初めは1台のトーマスと貨車、レール数本でしたが、パパという収集癖のある強力なスポンサーをバックに今では大量のトーマス関連グッズが我が家を占拠しています。
遊び方も月齢とともに変化し、番組や図鑑、映画をみるようになり、今では台詞も覚え、声色を変え1人で何役もこなす『トーマス劇場』が繰り広げられます。

最近では番組でみたシーンを手持ちの機関車を使って再現するのがお気に入りで「お母さん、これ使って!」と私も機関車として参加します。床に膝をつきながら遊ぶため、どうしてズボンの膝が擦れるのかをトーマスを通じて知ることができました!

確実にトーマスとともに成長している息子。
今は三度の飯よりトーマスが好きですが、いつかあっさりライダー系に行ってしまう日が来るかもしれません。それまで息子と一緒に膝をつきながら遊んでいたいと思います。

 

2017/06 もも組保護者 並木様

仲良し姉妹?

もも組の次女と3つ上の長女(小1)は、仲良く遊ぶ時もあれば頻繁にケンカもします。
姉にかまってほしい、一緒に遊びたい次女は色々な手で姉を誘うのですが、3つ下の妹と遊ぶことにあまり乗り気でない長女。
お互いに機嫌が良い時は、おままごとやメルちゃん遊びで遊んでいますが、それも長くは続きません。
すぐにケンカが始まり、長女の「もう遊ばないから!」という声が聞こえてきます。次女も意地を張り、しばらくは冷戦状態に。
しかし、そのうち次女が折れて仲直り。
こんなやりとりを繰り返しながら、お互いに譲り合う気持ちと我慢することを学んでいます。
さらに大きくなるとどんな関係性になるのか、仲良し姉妹になれるのか、これから先も楽しみです。

 

2017/05 うめ組保護者 藤原様

魔法の言葉

うめ組とすみれ組に私の息子がお世話になっているが、男の子二人はやはり元気が良いです。逆に良すぎてしまい、大人の私や妻の方が先に参ってしまいます。(私は仕事の関係でなかなか送迎ができないので、毎日やってくれている妻にはとても感謝しています)

そんなやんちゃな二人をコントロールする魔法の言葉がある。
それは「お兄ちゃん」である。

この言葉を言うと、二人とも自ら進んで自分が出来ることは率先してやってくれる。
長男の方は、次男が入園した頃から、「お兄ちゃん」意識が芽生え、自分から進んで次男の面倒を見たり、『俺、お兄ちゃんだから!』と言って何事にも挑戦する姿が多く見られます。
次男の方は、たんぽぽ組から入園したため、今回初めて進級というのを経験したことで「お兄ちゃん」意識が芽生え、「お兄ちゃん」というとなぜか得意げな顔で着替えや出かける準備などやってくれます。
時々、お互い「お兄ちゃん」意識が強すぎて、ぶつかってしまうこともありますが、二人仲良く遊んでいる姿や、一緒にダンスを踊ったりしている姿を見ていると、とても微笑ましい気持ちになります。
今後の我が家の二人のお兄ちゃんの成長が楽しみです。

 

2017/04 さくら組保護者 稲田様

春よ来い

雨にも負けず、風にも負けず、雪や夏の暑さにも負けぬ丈夫な身体を持ち・・・

から始まる「雨ニモマケズ」はとても有名ですね。
子どもは風の子、元気な子ということでこのポエムに習い、私は幼少のころを半そで半ズボンで過ごしました。とっても寒かったことを覚えています。
このお蔭?もあり、大病無く大人になることができました。
ただ今思えば、やせ我慢をしていたせいかポカポカ陽気の春が待ち遠しく、恋しかったのです。今年も春が来てそんなことを思い出しました。そのせいか、娘のなまえも春に因んだものになったのかもしれないという結論にいたりました。
これを書いているとき、隣に座る娘の暇をもて余した不満そうな顔に、健全な成長を感じざるをえません。

 

保護者から 2016年度

2016年度

2017/03 もも組保護者 岩本様

○○からの卒業

先日の「お遊戯会」でパプワダンス?を楽しそうに演じた我が息子(4歳)。その中の決めポーズがジョジョ立ちだったと聞かされ、その成長???に涙が止まりませんでし(笑)。
親にとって子の成長は嬉しいものです。そこで、我が家の夫婦の会話を少しだけ・・・
今やすっかり定着した「パパ・ママ」という呼称。私が子供の頃は一部のシャレオツな家庭だけに許されたモノであったと記憶しています。
その様な感覚で育った私は、パパと呼ばれるのがムズ痒くて「父ちゃん」で通しています。一方のカミさんはまさかの「ママ」選択!(笑)
で、理由を聞いてみました。
息子が「ママ」から「お母さん」そして「お袋」と変化していく時に成長を感じたい様です。
呼称の変化なら、ママじゃなくてもいいよね?と思いましたが、私は沈黙を続けたのは言うまでもありません。

 

2017/02 うめ組保護者 福島様

楽しみなお遊戯会♪

2017年も始まり、毎日楽しく登園している娘。年度最後の一大イベントと言えばお遊戯会ですね。
うめ組になると出番が増えますが、家でもはりきって動物早口言葉や劇の練習をしています♪お遊戯会は子供たちの頑張りと先生方の熱心なご指導のおかげで、いつも大変感動します!衣装から演出まで本当に素晴らしい!!
姉もさくら草保育園にお世話になり、つくし組からさくら組まで観てきましたが、その年その年の子供達の一生懸命な姿に胸がいっぱいになり、成長に毎回涙してしまいます。
去年のもも組のときは万全でない体調の中の参加で、ハプニングもあり我が家はヒヤヒヤでしたので、今年は体調管理に気を付けて、晴れ舞台を見守りたいと思います。

 

2017/01 さくら組保護者 平松様

お父さんの作文

保育園での6年間で学んだことは数え切れません。いろはかるたや一茶の句も覚えました。塗り絵で習った技術を駆使して、家でミニ四駆の塗装にも挑戦しています。それらはひとえに、実の子のように可愛がり、指導してくれた先生方のお蔭です。また、習い事の送迎をしてくれたファミサポさん、遊んでくれたお友達のママなど、町全体で育てて頂いたと感じてます。
さて、大きく成長した我が子ですが、少し困ったことがあります。魅力的な女性に囲まれて育ったせいか、女性の気を引くことに張り切って?いて、お姉さんを見つけると「オレね~、もう、6歳!」と声をかけてしまうのです。
笑って手を振ってもらうくらいなら良いのですが、会社帰りのお姉さんからバナナをゲットしてしまうこともありました。一茶の句を披露してファンサポさんの心を鷲掴みにすることを忘れてはいません。
6歳にして、もう父の手の届かないところへ行ってしまったかと思うと、これから先が心配でなりません。

 

2016/12 つくし組保護者 鈴木様

メリクリ!

もう死語でしょうか・・(汗)メリクリ~あけおめ、ことよろ、と年末年始によく耳にしていました。子供たちの世代が大人になった頃には、どんな言葉が流行っているのでしょう。ちなみに今年は「PPAP」推しですね(笑)
言葉と言えば、娘が一歳半の月齢を過ぎ、喃語から一語文へと代わって来ました。名前で呼べば元気な声で「ハイッ」と返事をしたり、「ママー」と言いながら甘えてきたり(パパなんだけどなぁ・・ 苦笑)日々、娘の成長を実感しております。来年の今頃には「サンタさんにお願いするー」なんておねだりされているのでしょうか?(親バカでスミマセン。。)
結びになりますが、つい先日は県内、都内と実に54年振りとなる11月の初雪となりました。寒い日がまだまだ続いて来ますので、どうぞ皆様体調等崩されないようにご自愛ください。来年もまたどうぞ良い年でありますように。

line12

 

2016/11 たんぽぽ組保護者 久保様

一番好きなもの

もうすぐ2歳半になる息子が最近好きなものは、消防車です。
「しゅつどう~ファイア~エンジン~♪」
とご機嫌に歌ったり、
「う~う~」
とサイレンの物真似をしたりして盛り上がっています。
ある時、おもちゃの消防車をいくつも並べて遊んでいたので、私が
「何が一番好き?」
と、(はしご車とかポンプ車という答えを予想しつつ…)聞くと、
間髪を入れず
「ぶどうー!!」
と叫んでました。(笑)
これからいったいいくつの『一番好きなもの』が出てくるのか、 今から楽しみです。

line11

 

2016/10 すみれ組保護者 南木様

大好きなさくら草保育園

今年の4月から、兄、姉もお世話になったさくら草保育園に入園することができました。
保育園が変わり、心配しましたが、一回も泣いた記憶が無いくらい、毎朝元気に登園してくれています。

すみれ組までの階段・夏のプール・園庭でのローラーすべり台と楽しい事が沢山です。「○○先生」「○○ちゃん」とパパやママにも教えてくれます。先生やお友達と楽しい時間を過ごせているので親も安心して仕事に行けます。

親子共々さくら草保育園に感謝です。これからも皆様、よろしくお願いします。

line10