埼玉地方のトンボ – Web教育学級 3

Web教育学級

退職公務員連盟 北葛支部総合記念講話資料より 長須房次郎

平成14年6月

1.トンボの種類

  • 全国 200種(含亜種)
  • 内訳 [3亜種14科84属184種16亜種]
  • 埼玉県 11科90種が記録されている。
  • 埼玉のトンボ類(1978年)カワトンボを1種として83種記録
    ヒヌマイトンボ (1980 三郷市)
    ムスジイトトンボ  (1981 春日部市)
    マダラヤンマ (1987 秩父市)
    オオルリボシヤンマ (1988 皆野町)
    オオギンヤンマ  (1991 北本市)
    オゼイトトンボ (1993 皆野町)
    タイリクアキアカネ (1997 入間市)

埼玉県レッドリスト

トンボ目 90種のうち34種37.8%昆虫の中ではもっとも割合が多い。

  • 脊椎動物 482種のうち199種 41.3%
  • 無脊椎動物 9734種のうち5109種 5.2%
  • 全体 10216種のうち709種 6.9%
絶滅 3 コバネアオイトトンボ・ ベッコウトンボ・ハッチョウトンボ
絶滅危惧Ⅰ類 12 ホソミイトトンボ・ オオセスジイトトンボ・ベニイトトンボ・ オゼイトトンボ・
ヒヌマイトトンボ・ オオモノサシトンボ・メガネサナエ・ トラフトンボ・
キイロヤマトンボ・ ハネビロエゾトンボ・エゾトンボ・ オオキトンボ
絶滅危惧Ⅱ類 2 ホンサナエ・ オオルリボシヤンマ
準絶滅危惧 14 モートンイトトンボ・ アオハダトンボ・ムカシトンボ・ ムカシヤンマ・
キイロサナエ・ ナゴヤサナエ・ルリボシヤンマ・ ネアカヨシヤンマ・
アオヤンマ・ アルタンヤンマ・サラサヤンマ・ ヨツボシトンボ・
キトンボ・ ヒメアカネ
情報不足 2 ムスジイトトンボ・ マダラヤンマ
絶滅のおそれのある
地域個体群
1  ヒガシカワトンボ

1990年代で85種確認されている最後の記録年・記録地

1.ホソミイトトンボ 1975 横瀬町
2.コバネアオイトトンボ 1963 幸手市
3.メガネサナエ 1963 幸手市
4.ベッコウトンボ 1964 大宮、川越、羽生
5.ハッチョウトンボ 1974 熊谷

1990年代に再発見された種

1.オオセスジイトトンボ 1964、1994 久喜市(旧鷲宮町)
2.キイロサナエ 1978、1994 東松山市
3.キイロヤマトンボ 1978、1994 東松山市
4.トラフトンボ 1977、1995 北本市

東部地方(中川水系流域)約60種の記録がある。しかし、1986年以降に確認されているのは約40種である。

3-1夕焼小焼の赤とんぼ おわれて見たのはいつの日か
山の畑の桑の実を 小籠に摘んだはまぼろしか
十五で姐やは嫁に行き お里のたよりも絶えはてた
夕焼小焼の赤とんぼ とまっているよ竿の先

作詞 三木露風(1889-1964)作曲 山田耕筰(1886-1965)

2.トンボの分類トンボ目(蜻蛉目)

  • 均翅(きんし)亜種(前翅と後翅の形がほぼ同じ形をしており、腹部も細身で全体的にスマートな形をしている)
    イトトンボ科 モノサシトンボ科 アオイトトンボ科 カワトンボ科
  • ムカシトンボ亜目
    ムカシトンボ科(日本には1種)
  • 不均翅亜目
    トンボ科 ヤマトンボ科 エゾトンボ科 オニヤンマ科
    ヤンマ科 サナエトンボ科 ムカシヤンマ科

3.トンボ幼虫(ヤゴ)の生息環境

トンボの生活史

卵 > 幼虫(ヤゴ)> 成虫
トンボの幼虫は種によってほぼ一定の水域(環境)に限って生息する傾向が強く2タイプに大別される。

  1. 止水(静水)域に生息する種類
    池沼、溜め池、人工的水域、湿地や湿原、休耕田
    池沼 イトトンボ類、コシアキトンボ
    湿地 ハッチョウトンボ、サラサヤンマ
  2. 流水域に生息する種類
    渓流 ムカシトンボ、ヒメサナエ
    ゆるやかな流れ(川底が砂地) ナゴヤサナエ、アオハダトンボ
    山道の湿った所に穴を掘って潜む ムカシヤンマ

幼虫(ヤゴ)の生活

  • 卵の期間
    種類によって決まっている
    例 ウスバキトンボ 4~5日
    アオイトトンボ 7月
  • 水中の生活の様子 えら呼吸
    ・水草につかまっているもの ギンヤンマ、イトトンボ
    ・川底や池沼の泥底の表面に住むもの シオカラトンボ、アカトンボ
    ・池沼の底の泥の中にいるもの オニヤンマ、サナエトンボ
  • 食べ物
    ・小さいうちはミジンコ、ボウフラ、イトミミズ等
    ・水生昆虫、ミミズなどの動物
    ・ヤンマはオタマジャクシやメダカも食べる
  • 幼虫(ヤゴ)の期間
    ・普通は一年以内(9~14齢)最後は終齢幼虫
    ・ムカシトンボは5~8年
    ・ウスバキトンボ 約七週間
    ・オニヤンマ 五年
  • 幼虫(ヤゴ)の羽化
    ・完全に成熟した幼虫
    水中から出て植物の茎、枯枝、小石などにしっかりついて羽化し、成虫になる。
    ・羽化の時間
    暗い時間、夜中または朝方(敵に見つかりにくい)
    ※サナエトンボ科は昼間羽化する。例 ナゴヤサナエ
    ・傾垂型 2~4時間
    トンボ科(アキアカネ)、カワトンボ科、ヤンマ科、ムカシトンボ科 壁を登るような姿勢で静止
    ・直立型 40~90分
    サナエトンボ科、ムカシヤンマ科 地面に這うような姿勢で静止

4.埼玉県東部地方のトンボの概要

  1. 記録はあるが現在は見られない種類
    モートンイトトンボ*、オオセスジイトトンボ*、ホンサナエ、キイロサナエ、コサナエ*、ダビドサナエ、トラフトンボ*、キイロヤマトンボ、コヤマトンボ、ベッコウトンボ*、オオキトンボ*(11種)
    「*」マークの種は幼虫が止水(静水)域に生息する種類 – 以下同様
  2. 絶滅危惧種(RDB さいたまレッドデータブックは改訂埼玉県レッドデータブック2002動物編)で現在も生息が確認されている種類
    ベニイトトンボ*、ヒヌマイトトンボ、オオモノサシトンボ*、ナゴヤサナエ、アオヤンマ*
  3. 特定の地域で見られる種類
    ホソミオツネトンボ*、アオモンイトトンボ*、オオモノサシトンボ*、アオイトトンボ*、オオアオイトトンボ*、ウチワヤンマ*、ヤブ*、ヤンマ*、オオヤマトンボ*、ショウジョウトンボ*、マユタテアカネ*、マイコアカネ*、リスアカネ*、チョウトンボ*(13種)
  4. 普通に見られる種類
    アジアイトトンボ*、クロイトトンボ*、オオイトトンボ*、ハグロトンボ、カトリヤンマ*、ハラビロトンボ*、シオカラトンボ*、コフキトンボ*、アキアカネ*、ナツアカネ*、ノシメトンボ*、コシアキトンボ*、ウスバキトンボ*(13種)
    ヒヌマイトトンボ
    河口部の干潮時でも干上がらない泥深いヨシ原や海岸沿いのヨシやオギ・マコモなどの植物が密生する。 汽水域のヘドロが堆積した湿地や沼などに生息する。最初の発見地は茨城県涸沼(ひぬま)
  5. アカトンボの仲間について
    埼玉県で記録されているアカトンボの仲間(Sympertrum属)は12種類あり、そのうち東部地方には7種の記録がある。
    現在普通に見られるのは アキアカネ*、ナツアカネ*、ノシメトンボ*、マイコアカネ*の4種でマユタテアカネ*、リスアカネ*の2種の産地は限局される。
    ・アキアカネの一生について
  6. 成虫で越冬するトンボ類
    ・ホソミオツネントンボの一生
  7. トンボ類減少の要因
    ・開発に伴う池沼や湿地の埋め立て
    ・農薬使用・生活雑排水等による水質汚染
    ・多量の釣りえさによる水質悪化
    ・肉食外来魚の移入によるヤゴの補食
    ・河川改修、用排水路の三面護岸による植物群落の除去
  8. かえってきたトンボたち
    ・ハグロトンボ
    ・ナゴヤサナエ
  9. おわりに

    3-2蜻蛉釣り 今日はどこまで行ったやら

    加賀の千代女(1703-1775)
    繊細で理知的な作風16~17才で俳句を学ぶ。
    「千代尼句集」「松の声」
    結婚したかどうか?
    50歳前後にして剃髪して素園 千代尼・千代

 

入園式とお花のパーティーのあいさつから – Web教育学級 2

Web教育学級

入園式のあいさつから

鷲宮保育園園長 竹下成子

平成14年4月

船を作るのに一番難しいのは大嵐に遭って横波を食らって転覆しそうになっても元の在り方に戻る「復元力」をどう作るかということを聞いておりますが、人間教育という仕事はこの元に戻る力、人間の復元力をつけることではないでしょうか。

東井義雄(とおいよしお)著 「母のいのち子のいのち」探求社より

これは最近手にした本で出会った言葉です。(著者はペスタロッチ賞平和文化賞受賞・教育者・故人)
船体を大きくしたりカラフルにペンキを塗ったり船内を豪華に飾りたてるのは簡単だが、復元力を作るのは難しい。
それでは人の復元力を育てるときはいつで、それを育てる人は誰でしょう。
東井先生は生まれて幼い時期に育った環境や条件や母親がこの力を養うのに大きく関与すると述べています。

かけがえのない乳幼児期の成長にかかわる私たち、保育者・ご家庭(特にお母さん)は子供たちの平坦ならない人生の道のりの中で、この大切な復元力

挫折やつまずきを克服できる力

を養える存在としてどれだけ役に立つことができるでしょうか。

2-1保育や子育ての原点を考えさせられる言葉として重く受け止めた次第です。
そして新年度をスタートさせるにあたり、園とご家庭、保育者とご両親は人間の基盤を養う大切な乳幼児期の成長にかかわる者としての役割の重さを改めて銘記したいと思いました。折しも催された本日のこの機会が、園とご家庭が少しでもお子様についての理解を深めて、よりよい一年間の成長のためにお役に立てる縁となりますように祈願いたしております。

思えば子供たちのあまりにも便利な物の豊かな暮らし。自動車の送迎。つい与えてしまうたくさんのおもちゃ。暖衣飽食。
一方、核家族、少子化、交通事情の悪化で近隣や地域親戚など人間関係が希薄になっている暮らし、お忙しい両親。友だちと一緒になかなか自然の中で遊べない・・・など子育ての条件や環境はなかなか厳しい現実です。

新聞紙上では青少年が人生の大嵐に飲み込まれてしまったり飲み込まれそうになった、胸の痛くなる悲しい自体が報道されないことはありません。いじめや暴走、万引き、シンナーなどの誘惑、成績が振るわなかったり。必ず襲うであろう人生の大波大嵐。

目の前のこのかわいい子供たちに将来どんな事態が訪れても必ず自分を見失わない力、自分を取り戻す力(復元力)を持たせたいと切に思います。そのために最も重要な前提条件はお母さんはじめ家族や保育者に暖かい愛情に包まれた暮らしです。人に愛されて初めて自分を信じ、他人を愛する心が生まれます。自分を大切に思う心は生きる力の基本です。どのような環境でどのような経験ができたかも基本に加わる重要な要件です。幸い良い鷲宮保育園は恵まれた環境にあります。
周囲はまだまだ自然も豊かで広々とした運動公園に隣接している。交通事故や騒音の心配もありません。地域の皆様も園の方針を理解して様々な機会に園を訪れ、子供たちと交流をしていただいています。この恵まれた環境の中で登園独自の保育方針とカリキュラムに基づいて子供たちは生活しています。

  • 同年齢はもとより異年齢のお友達と一緒に遊びながら学んだり気持ちを分け合ったり、いたわったりするくらし
  • 季節の様々な遊びや飼育・栽培やお当番活動を通して季節を体で感じ感性を養ったり伝統や協調する姿勢を学ぶくらし
  • できるだけお年寄りや世代の異なる地域の皆様、担任に限らない大勢の職員との触れ合いを大切にして豊かな社会性を身につけるくらし
  • 読み聞かせや言葉がけを大切にして優しく繊細な豊かな言葉を育てるくらし

など実際の経験や感動を重視した暮らしを営んでいるところです。

職員一同心を合わせて日々の暮らし手抜きをしないで子供たちと向き合い丁寧に営みたい。樹木にたとえれば根っこを太らせる暮らしを通して見えない力を培いたいと念願しています。

とは申しましても本当の「復元力」を養うにはまだまだ及ばない面、気づかない面もいろいろあるかと思います。園とご家庭は神聖で崇高な子育てにかかわるものとしてお互いに啓発しあいまた手を携えたいと思います。
子供たちの「復元力」を養えるように子育てのベストパートナーであるようお願い申し上げてご挨拶に代えさせていただきます。

 

進級入園を祝うお花のパーティのあいさつから

鷲宮保育園園長 竹下成子

平成14年6月

一人一人の幼児は其の銘々の母の膝下(しっか)から、あなたのところへ来たのである。そして今日からはあなたと母親と二つの愛の下に、一日の半分ずつを過ごすのである。
どんな心持ちで母の膝下からきたかを理解すること無しに、なんで適切な迎え方を出来ようぞ。 中略 家庭と園は不離の関係において、生きた協力の実をあげなければならない。

倉橋惣三 明治十五年生まれ
日本幼児教育の草分け・教育を人間存在そのものから思索した。
倉橋惣三全集第五巻幼稚園雑草新入園児を迎えてより

木々の緑も一段と深まりました。万物の成長著しい今日このごろでございます。
本日は保育参観並びにクラス懇談会のご案内を申し上げましたところ保護者の皆様にはお忙しい中をご来園いただきましてありがとうございます。

2-2春は出会いと別れの季節と申します。お子様は新しい人と環境の中で既に二ヶ月が経過いたしました。御家族の皆様の励ましと合わせてお友達同士の自由なお庭での遊び、草摘み、野外ランチやむさしの村遠足などの好季節ならではの経験をしながら、このごろはすっかりくつろいだ表情を見せてくれるようになりました。

折しも催されたこの機会が園とご家庭が少しでもお子様についての理解を深めて、よりよい一年間の成長のためにお役に立てる縁となりますように念願いたしております。

  • 毎日健康でけがや病気もなく元気にのびのび暮らせますように
  • 毎日喜んで園に通えますように
  • 友達と仲良く遊べますように
  • 思いやりやいたわりの心、真っ直ぐな正しい気持ち、がまん強さ、感動する心など豊かな情緒が育っていきますように
  • 自然や社会に興味や関心を寄せて知性や社会性が育ちますように

など、お子様の健やかな成長にかけるご両親の期待は全くそのまま私たちの願いでもあります。
お互いにしっかりと手を取り合ってスクラムを組んでこれからの暮らしを営みながら必ずこれらの願いを現実の子供の姿に変えていきたいと思います。

 

「知る・知っている」とは – Web教育学級 1

Web教育学級

「知る・知っている」とはどういうことか それについての理解はどのように発達するのか

お茶の水女子大学人間文化研究科・理論学術振興会特別研究員 齋藤瑞恵

平成13年6月

鷲宮保育園の皆様、先日はお忙しい中調査にご協力いただき誠にありがとうございました。おかげさまで調査結果の分析が終了いたしましたのでご報告致します。

調査の目的

「知る・知っている」とはどういうことか、それについての理解はどのように発達するのか、ということは心理学の分野だけでなく哲学の分野などでも長い間の関心事でした。

しかし、この問題を直接的に検討した研究はこれまでごくわずかでした。

また、実際に何かを知ろうとしたときにとるべき方法について理解することは、能動的に世界にかかわり、知識を吸収していくためにも非常に重要なことだと考えられます。しかし、この点についても、やはり幼児期を対象とした研究はこれまでごくわずかでした。

そこで、今回の調査は主に3つの点を検討することを目的としました。

「知る・知っている」ということについて、幼児はどのように理解しているか。
実際に何かを知ろうとするときに、どのようにしたらよいのかを幼児は理解しているか。
「知る・知っている」ということについての理解と、実際に何かを知ろうとするときのよりよい方法についての理解は、関連するのだろうか。

調査の方法

上記の目的のため、調査は次のように行いました。

  • 調査対象
    生活年齢3歳、4歳、5歳、6歳の園児の皆様
  • 調査方法
    「知る・知っている」ということの理解
    絵カードを示しながら、短いストーリーを聞いていただきました。

SD34_18「キツネさんとタヌキさんは二人で森の中を歩いていました。
タヌキさんはおめめをケガしていたので周りがよく見えませんでした。
だからキツネさんがタヌキさんのおててを引いて歩いてあげました。
しばらく二人が森の中を歩いていくと、この前来たときにはなかった新しいおうちがありました。
キツネさんは新しいおうちを見ました。
タヌキさんはおめめをケガしていたので新しいおうちは見ませんでした。」

というお話しを聞いていただいたあと、
「新しいお家を知っているのはキツネさんかな? タヌキさんかな? それとも両方かな?」
とたずねます。

そして「キツネさん(もしくはタヌキさん)が新しいお家の事を知っているって○○ちゃん(園児さんのお名前)はどうして分かったの?」 と判断の理由を教えていただきました。

実際に何かを知ろうとするときの方法についての理解

絵カードを示しながら、まず何か新しい事柄について園児さんが知りたいと思うとき、どのようにするかをうかがいました。(自由回答)

例えばハシドイ(植物の一種)の絵を示し
「これはハシドイっていうんだって。○○ちゃん(園児さんのお名前)がハシドイのことをもっともっと知りたいって思うとき、○○ちゃんだったらどうする?」
と質問しました。

その後何かを知りたいときの方法として2つずつ示し、どちらの方がよりよい方法かを選んでいただきました。(選択)

例えば「○○ちゃんがハシドイのこともっともっと知りたいと思うとき、○○ちゃんだったら何回も何回も見に行く? それとも一回だけ見に行く?」 というように質問し、その後「どうして何回も何回も(もしくは一回だけ)見に行くの?」 と判断の理由を教えていただきました。

結果

1.「知る・知っている」ということの理解(図1)

年齢が上がるにつれ「知る・知っている」ということについての理解は進んでいくことが示されました。

図1「知る・知っている」ということについての理解 平均得点

2.実際に何かを知ろうとするときの方法についての理解

自由回答(図2)何かを知ろうとするときの方法について年齢とともに自発的な回答、洗練された回答が増えることが明らかになりました。

図2 自由回答平均得点

図2 自由回答平均得点

またそれぞれの園児さんがどのような回答をする傾向があるのかをまとめたところ(図3)年齢とともに何らかの妥当な回答、より洗練された回答ともに増えることが明らかになりました。

図3 自由回答 回答パターン

図3 自由回答 回答パターン

選択(図4)何かを知ろうとするときの方法について、2つの選択肢の中からよりよい方法を選んで頂いた場合でも、年齢とともに、よりよい方法を選べるようになることが明らかになりました。

図4 選択 平均得点

図4 選択 平均得点

3.「知る・知っている」ということについての理解と実際に何かを知ろうとするときのよりよい方法についての理解の関連

月齢などの影響を取り除いた後でも「知る・知っている」ということの理解と実際に何かを知ろうとするときのよりよい方法についての理解とは関連があることが明らかとなりました。すなわち年齢などに関係なく「知る・知っている」ということについてよりよく理解している園児さんは、実際に何かを知ろうとするときに自発的に方法を回答することができ、選択肢の中からよりよい方法を選ぶことができることが分かりました。

- 最後に -

SD14_15今回鷲宮保育園の教職員の皆様、園児の皆様、ご父兄の皆様のご協力により調査を実施することができました。心より御礼申し上げます。
調査の内容、分析結果の内容などについてご質問ご意見がありましたらぜひお聞かせ下さい。よろしくお願いいたします。
なお以上の分析結果は学会誌「発達心理学研究」に投稿するため準備を進めております。