薫藤園の楽しい暮らし3 芋煮会・そば打ち・活花など

薫藤園 平成27年冬~28年春

芋煮会

11月24日は先日の悪天候が嘘のように晴れ、温かい日になりました。
薪を割り、火を焚いて、お鍋で芋煮をぐつぐつよく煮込み、味は醤油と味噌の2種類作りました。
味噌の方がよく食され、みなさん「熱い熱い」と言いながらにっこり笑顔で「おいしい」と一言。ご利用者も野菜刻みに参加されました。天候も良かった為、気分はピクニックに行ったような気持ちになりました。(佐野栄養士)

 

そば打ち

毎月実施しているそば打ちです。そばを切る時の「トントン」という音が、新そばの香り、味を伝えているようでした。そばを食された時は、美味しいと笑みがこぼれていました。(藤井介護士・看護師)

 

活花教室

11月19日、活花教室を行いました。SPカーネーション、アルストロメリア、丸葉ルスカスという名前のお花で作りました。また、この日は、誠和高校の生徒さんも実習中だったため、一緒に参加しました。
生徒さんとお話ししながら笑顔も見られ、とても楽しそうに参加されておりました。一生懸命、先生にも聞きながら、ハサミを使って長さを揃え、試行錯誤しながら行っておりました。出来上がると 「ありがとう。楽しかったと話されておりました。(ユニット 福島介護士)

 

ご利用者様の作品

ご利用者ご家族の堀越様が「ふわふわ色えんぴつ画」をご指導してくださいました。皆様出来栄えに大変満足されていました!! 書き初めと写佛の作品もごらんください。

 

中学生の職場体験

11月12日、13日に羽生南中学校職場体験で生徒の皆さまが見えました。最初は緊張してなかなか利用者様とお話をしたりするのが難しかったようですが、折り紙、体操等を一緒に行ったりしているうちに自然と笑顔になりコミュニケーションがとれるようになってきておりました。
11月18日には羽生西中学校(総合学習福祉体験活動)で車椅子を操作する難しさ、普段の生活では味わえない経験をされ、感動されておりました。
11月25日、26日に羽生東中学校の職場体験がありました。利用者様とゲームを行い触れ合い、利用者様の方々との信頼がとても重要で「今回の経験を活かして将来の夢につなぎたい」「ボランティアで、また、来園したい」と話されていた生徒さんがおり、貴重な体験をされたようでした。(大塚ユニットリーダー)