薫藤園の楽しい暮らし2

薫藤園 平成28年夏~秋

そば打ち体験・試食

川邉職員

昔から地粉を使い、多くの人々が経験して作ったそば、昔取った杵柄で手つきも、手際の良い利用者も沢山います。手を使うことは老化予防に最適です。
毎月、特養・ユニット・デイサービスと順番に開催し、利用者さんとこね、伸ばし、切って三時のおやつとして食べています。今日のそばは美味かったと皆さまが喜んでくれています。

 

七夕さま

特養 田中介護士

五節句の一つである七夕祭り「天の川を見たことがありますか?」とお尋ねすると、ひとりの利用者様が「私が小さいころ見たよ」と笑顔でお話して下さいました。羽生市内でも昔は空気がきれいだったので天の川が見られたようです。笹の葉に短冊が飾られた中で、皆様の願い事がお一人おひとり叶いますように、ご利用者様と一緒に「七夕さま」「七夕踊り」を踊り楽しみました。皆様のお願い事がどうぞ叶いますように・・・。

 

藍染め教室

川邉職員

藍染め教室は3カ月に1回程度、開催し作品を作ります。本年度の一回目は教材にハンカチ、二回目は手提げを作りました。
染める前に、利用者様と輪ゴム、割り箸、大豆等を使い模様を作り、藍の液に浸けます。液に三分間浸け、1分空気に触れさせ、もう1度液に三分間浸けます。染色が落ちないよう、酢につけ、乾かして出来上がりです。利用者様にお渡しすると、笑顔の中に満足感が感じられ、作品を孫や家族にプレゼントするのだと嬉しそうにお話ししております。
二つのレクレーションを通して、利用者様が「まだまだ自分に出来る!」と自信を持つ様子が感じられます。これからも長く続けて行きたいと思います。

 

楽しい外出

特養 佐藤介護士

イオン外出・紫陽花見学
天候に恵まれ、ご利用者様10名の方々と誠和福祉高等学校実習生3名の生徒さんも参加されました。騎西の紫陽花ロードを見学し、お花をバックに記念撮影。
イオンモール羽生では、これからの季節にぴったりのお洋服を購入し、昼食は皆様それぞれ好みのものを選び目の前に運ばれるとちょっぴりお顔が綻び美味しそうに召し上がっている姿がとても印象的でした。車内での会話もはずみ、充実した一日を過ごされました。

 

ユニット 海澤介護士

6月13日あいにくの雨でしたが、館林のアピタに買い物に出かけました。
店内では、職員が付き添い、洋服など皆様欲しい物を買うことができ大変嬉しそうでした。昼食は、それぞれお寿司やラーメンなどを召し上がられ、皆様「おいしい」と喜ばれていました。その後、館林のゆるキャラ「ポンちゃん」と記念写真をとりました。帰りの車の中では、皆様「楽しかった」や「また行きたいね」など、笑顔で話されていました。

 

ユニット 大橋介護士

ユニット 西棟外出
6月27日、ご利用者様三名とご家族様と一緒に古代蓮の里へと行ってきました。古代蓮の里は、蓮の花を中心とした公園です。
まだ少し早かったせいか、蓮の花はちらほらと咲いていましたが、太陽の光を浴びて輝いていました。皆様も笑顔いっぱいで輝いていました。蓮の花の周りを散歩し、展望室にあがり「田んぼアート」を見学しました。「田んぼアート」とは、田んぼをキャンパスに見立て、色の異なる稲を絵の具の代わりに巨大な絵をかきます。今年はドラゴンクエストでした。
昼食は、和食レストランでお好きな物を召し上がり「おいしいね」「おいしいね」ととても喜んでおりました。久しぶりに外の空気に触れ、太陽の光を浴びて、家族の方ともご一緒に楽しい時間を過ごされておりました。
私たち職員も楽しい時を共有することが出来て、とても楽しい一日でした。