年頭挨拶・敬老会・交流会

薫藤園 平成29年秋~冬

平成三十年年頭のごあいさつ

ku1609_2-19

薫藤園災害救助協力会会長 秀安区長 根岸 顕

地域の皆さま、そして薫藤園の皆さまには希望に満ちた初春をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
本年も皆様と共に安全で安心な住みよい地域作りに、取り組んで参りますので宜しくお願い申し上げます。具体的には火災、震災のみならず水害に備えた地域防災計画も必要であると考えているところです。皆さま方のご協力をよろしくお願い申し上げます。

薫藤園施設長 小嶋 宏章

昨年は年間四千人を超える大勢のボランティアの皆さまをはじめ、地域の来訪者をお迎えし交流することができました。本年もよろしくお願い申し上げます。

 

夜間地域合同避難訓練

ユニット 海澤介護士

非常ベルの音と共に、皆さんの顔が緊張しているのがわかります。これから、避難訓練が行われるのです。地域の方々に車椅子を押されながら、訓練に取り組む姿は真剣そのものでした。各居室に戻られてからは、やりとげた、満足げな笑顔が自然とこぼれていました。
外の風は冷たかったと思いますが、お疲れ様でした。
地域の皆様、ありがとうございました。

薫藤園災害救助協力会・秀安地区自主防災会

 

敬老会

特別養護老人ホーム 薫藤園理事長 竹下成子

台風一過の素晴らしい澄み渡った青空のもと、薫藤園、もくせいの里、清和園、三園合同の敬老会を開催できますことを大層喜ばしく思います。
ご案内を申し上げましたところ、河田市長様はじめ大勢のご来賓の皆様、ボランティアの皆様、ご家族の皆様がお祝いに駆けつけて下さいました。本当にありがとうございました。
皆様のご長寿のお祝いをこのような大勢の方とお祝いできますことを本当にうれしく心から感謝いたします。
薫藤園では普段から職員一同、一生懸命皆様を支えられるよう、市長様はじめ行政のご指導をいただき、また医療・看護面では北里研究所病院より素晴らしい医師をお迎えして、皆様の健康管理に努めております。又、安全の面では地域ぐるみ、行政、そして秀安地区の地域の皆様が薫藤園になにかあったら駆けつけて下さり、夜間の避難訓練にも参加してくださり、本当にありがたいと思っております。
人は人生で三回家族に恵まれるそうです。産まれたときが一回目の家族、二回目が結婚した時、三回目は一緒に過ごす仲間、地域の皆様です。誰か思ってくれる人がそばにいるということは素晴らしいことだと思います。羽生市にも一人暮らしのお年寄りが千三百五十世帯あるそうです。一人は気楽で楽しいこともあると思います。しかし、その中の半数の方が一日誰とも一言も話をしなかったとおっしゃっているそうです。とてもさびしいことだと思います。皆様はたくさんお話をしていただきたいと思います。
日野原重明先生をご存知でしょうか?百六歳まで元気にお仕事をされ頑張ってこられた医師です。その方が長生きをする秘訣を三つお話しされています。その中の一つが「人と話をすること」だそうです。もう一つは「おしゃれをすること」、そしてもう一つは「好奇心」です。何か新しいことを頑張ってみようと思う気持ちが大事なのだそうです。この三つが長生きの秘訣であり、日野原先生はこれらを実践しているのです。九十八歳で俳句を始めています。また百四歳で句集を出したのです。何かを始めるのにもう歳だからということはないのです。そしてこう詠みました。

百四歳 長い道にも まだ何か
私には 余生などない これからぞ
恕すこと 相手を友とし 世界の平和

とても素晴らしいですね。とても元気づけられる言葉だと思います。
薫藤園の皆様もお身体を大事にして毎日楽しく過ごして下さい。皆様のご健勝を心からお祈りいたします。また、ご臨席下さいました皆様に心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。   (要約 福井)

沢山の方々にご来園頂きました。

羽生市南部地域包括支援センター 石川センター長

秋の気配が感じられ始めた9月19日、薫藤園敬老会が開催されました。羽生市長河田晃明様や県議会議員諸井真英様をはじめ、大勢のご来賓の皆様をお迎えし、お祝いのお言葉を頂きました。今年のお祝いには、百一歳を迎えた方を筆頭に、白寿一名、卒寿三名、米寿七名、傘寿三名、喜寿一名、古希一名の計十七名の方々がご出席され、それぞれ記念品をお受け取りになり、大変喜ばれておりました。
式典終了後には、ことの音会様によるお琴演奏と花音様によるオカリナ演奏を楽しまれ、懐かしい音色や旋律に自然と口ずさんでしまう方もおりました。また、即興で行った職員によるムジナモン体操には、あまりの統一感のなさに、思わず苦笑いされる光景もみられました。その後の会食では、見た目にも味も美味しいお食事がご用意されると、これには思わず微笑んでしまう皆様であふれ、とても有意義な時間を過ごすことができたと大喜びでした。皆様にはこれからもずっとお元気でお過ごしになられることが、職員一同からの何よりの願いです。この度は、おめでとうございました。

 

羽生市福祉健康まつり

従来型介護主任 須賀

外はあいにくの大雨、台風が接近する中大勢の方々が来場されました。薫藤園のブースでは日頃の活動写真や作品を展示し、恒例となったビンゴゲームをはじめメダルやお菓子のプレゼント、輪投げゲームで盛り上がりました。園内で収穫したゴーヤを佃煮やふりかけにし新米と一緒に試食して頂くと「美味しいね、レシピはあるの?」と嬉しいお言葉を頂きとても好評でした。福祉健康まつりを通して薫藤園を知って頂き楽しいひと時を過ごすことが出来ました、ありがとうございました。

 

音楽ボランティア

従来型 吉田職員

12月16日、交流スペースにてハーモニカ遊好会様による演奏会がありました。
黄色の法被を着た五名の方たちが、ハーモニカを使ってたくさんの曲を演奏してくれました。曲の説明を楽しく話し、笑いがおきていました。皆さん一緒に歌ったり、手拍子をしたり、あたたかい感じが伝わりました。ハーモニカの音色に皆様喜ばれていました。「あ~楽しかった」と満足そうに皆様一時間たっぷりと楽しまれていました。

 

交流会

須影保育園交流会  事務所 本田職員
9月11日、須影保育園の園児の皆様との交流会が行われました。園児の皆様がムジナもん音頭を踊ると利用者の方々も一緒に楽しそうにご自分のお孫様と重ね合わせている様でした。その後の園児とのふれあいの時間があり園児をまえにして笑顔が零れ落ちていました。

 

須影小学校交流会  ユニット 藤井看護師
須影小学校5年生48名の子供達がみえ、交流ホールにて歌や機械体操・遊戯などを披露してくれました。特に器械体操は、素晴らしく利用者様もとても喜ばれていました。
子供達の元気のある姿、大きな声にエネルギーを頂きました。

 

鷲宮保育園交流会  従来型 神田介護士
9月14日鷲宮保育園の園児たちをお招きし、交流会が行われました。ご利用者様と歌を歌ったり、園児さんよりクイズが出題され、ご利用者の皆様が一生懸命に答えたりと、皆様の笑顔が絶えないとても楽しいひと時を過ごされていました。