薫藤園の暮らしから2 – 日常の暮らし 2018 夏

薫藤園 平成30年夏

習字教室

教室は長く開催しております。毎回のように新人さんがおります。手本を季節にちなんだものを選んで作成してます。読んで、書いて、心が癒され、満たされる様子です。作品は各部署に展示し、みていただいてます。代表作はコンクール等にも出展します。
☆事務 川邉職員

外気浴

利用者様にお外へいきましょうと声を掛けると「私はいいわよ」と言われ「お花も咲いて綺麗ですよ」とお誘いすると一歩足を踏み出し、一望すると「気持ちいいですね」と皆様と一緒にボール投げ・ボール渡しに参加されました。ちょっぴり汗をかき、咲き誇るお花を見て満足そうでした。これからも一人でも多くの方に(外気浴)に参加して頂けるよう工夫して行きたいと思います。
☆従来型 寺山介護士

食事会

食堂ホールから移動して交流ホールで食事会が行われました。実習生と職員の見守る交流ホールでお米と鮭のマリネ、煮物、漬物、味噌汁を美味しそうに召し上がっておりました。通常の食事は、6人掛けの六角形のテーブルでいつもの顔ぶれで食事されておりますが、交流ホールの長方形のテーブルで違った景色といつもと違う顔ぶれで食事され、いつもと違う会話といつもと違った表情、笑顔が見られました。
☆従来型 橋本職員

イチゴの生長

イチゴの実が赤く色づき始めたので、皆さんに見て頂きました。
中庭で育てた物と聞くと、とても驚かれていました。おそるおそる触ってみたり、口に運ぼうとしたりと、いろいろなリアクションをされていました。
機会を作って皆で収穫するのも楽しそうだと考えています。
☆ユニット型 川上リーダー

七夕

「笹の葉さらさら~のきばに揺れる♪」と口づさみながら、一人ひとりの願いがこもった短冊をしっかりと笹の葉に結び、沢山の思いが詰まったとても華やかな七夕飾りとなりました。
今年は、お酢と水で調合した万能水をペットボトルに入れ竹の切り口より万能水を吸い上げ、少しでも竹が長持ちするようにとのアドバイスを受け試みました。そのおかげで、竹も毎日イキイキとし「七夕まつりがとても楽しみね」皆で一緒に記念写真を撮りました。
☆従来型 鈴木職員

天ぷらバイキング

従来型ご利用者様のたっての希望で「天ぷらバイキング」を6月26日に行いました。
天ぷらは、なす・オクラ・かぼちゃ等の夏野菜を中心に、新じゃがやえびも揚げて、好きな物を選んで頂きました。
錦糸卵、かにかまぼこ、みょうが、わかめ、ねぎを彩りよく盛り付けた五目冷やしうどんに添えた夏野菜の天ぷらは、とても好評で、食欲をそそったようです。
帰りの際には「次は、何のバイキングがいいかなぁ」などと、つぶやく声が聞こえてきました。ご利用者の笑顔が見えるバイキング、次回は何にしましょうか……。
☆調理 高橋管理栄養士

ちょっとお散歩

 

天気も良く、利用者様と散歩に行きました。田植えの時期でもあり、田んぼに水を入れたり、植え終わったところもありましたが、畑には花や野菜などもありました。
久しぶりに外の空気をたくさん吸うことが出来て、リフレッシュできたと思います。
☆ユニット 藤井看護師

合同藤花見

今年は暑さの影響で花が咲くのが早く、玉敷神社の藤も何時もより早く満開の状況でした。
初めて見たご利用者は、藤の垂れ下がった花の長さと白と紫の色どりの鮮やかさを藤棚の下から眺めて「花がきれい」「ずいぶん房が長い、こんなの初めてよ」などの声があがりました。
施設内では味わえない感動を味わった一日でした。
☆ユニット 中川リーダー

 

買い物・食事外出

今回の外出は、洋服やお菓子の買い物、そして昼食会ではお寿司屋さんの雰囲気を皆様に味わって頂けるようにと、利用者様のご家族の方がお寿司屋さんを営んでいることから、お邪魔することになりました。
メニューの中から「寿司セットがいい。天ぷらがいい。」と好みの物を選び、目の前に用意されると「あら~すごい・美味しそう」と言いながら満面の笑みで「美味しかった・お腹いっぱい」と大満足でした。
☆従来型 清水職員

アイスクリームパーティー

今年の夏は猛暑が続き、暑くてバテそうな毎日が続いてます。何か涼しい事はないかな?とみんなで考え「冷たい物食べたいね」と意見が一致! アイスパーティーをしようとの事が決まりました。トッピングとして5種類用意しました。何と1番人気が「バニラに小豆」でした。皆様もう少し食べたい、おかわりの声があちこちからあがりました。皆様の笑顔が見られてとても良かったです。
☆ユニット型 中川リーダー