デイサービスの健康管理

みずほの里デイサービス 平成25年冬~26年春

変形性膝関節症

看護師 糸井 ゆかり 高山 菜穂子 

加齢などに伴い関節が変形して痛みが起こる病気です。最も多い膝の病気の一つでありまた膝の痛みの原因として最も多いものです。
脊柱管狭窄症や骨粗鬆症とともに「寝たきり」や「要介護」状態をおこす三大要因の一つとされています。

症状の特徴として

  • mi1402_d3-1起床時膝のこわばり動きはじめの痛みなど
  • ひざに「水」がたまる
  • 進行すると歩行困難になり生活に大きな支障が生じる

治療法として

  • mi1402_d3-2運動療法
  • 装具療法(サポーター・杖)
  • 薬物(外用薬・内服薬・坐薬など)
  • 関節注射(ヒアルロン酸注射)

これらで効果がなければ手術療法なども考えられます。

膝の痛みを軽減させる基本体操をご紹介します。

腰掛け脚上げ体操

  1. 椅子に浅く腰掛け 椅子のふちをつかむ
  2. 片足のひざをゆっくり伸ばし足首を曲げる
  3. 床から10センチの高さにゆっくり脚を上げ5秒間保つ
    ゆっくり下ろし脚をかえて繰り返す。

mi1402_d3-3

◎片脚20回ずつ朝晩に1セットでまずは1ヶ月を目安に続けてみましょう。
※ただし、痛みや腫れなどの強い時、体調が悪い時は無理に運動は行わないでください。