お父さんの作文 2017年度

2017年度

2017/04 2園もも組保護者 小山様

幼少期を思い出す

私は、今年41歳になりました。幼少期の思い出は殆ど何も覚えておらず、戸惑いながらも記憶を振り返り、断片的に思い出したことを此処に、書いてみました。
「初めての抵抗」
入園式の日、母と一緒に登園したのですが、園門に到着した私は怖じ気づいたのか、門にしがみつき「嫌だっ!」と号泣して入園を拒否したらしく、母に赤っ恥をかかせたようで、今でもその時の事を笑い話にされ「あの時の根性があれば大丈夫。」と言われる始末です。私は全く覚えていないので、何が大丈夫なのかは未だに謎です。
そんな私も三人の子どもを育てる父親になりました。幼少期の事は、私のように大半は記憶に残らないのでしょうから、我が子達の事は自分が胸に刻み、後日に語ることにしようと思う今日この頃です。

line4