平成31年 年頭のごあいさつ・薫藤園の暮らしから – 平成30年秋~31年新春

謹んで初春のお慶びを申し上げます

薫藤園と連携し安心な地域づくり

秀安区長・薫藤園災害救助協力会会長 根岸 顕

新年あけましておめでとうございます。
地域の皆様におかれましては健やかに幸多い新しい年をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。
薫藤園は日頃から地域合同で防災避難訓練を実施するなど、安全・安心を地域と共に支えてくれています。地域の皆様には何時もご支援、ご協力頂きましてお礼申し上げます。
当自治会も引き続き安全で住みやすい地域作りに取り組みますので、今後ともご支援、ご協力をお願い致します。
本年も宜しくお願い致します。

今年も地域のお支えを頂きたく存じます

特別養護老人ホーム薫藤園 施設長 小嶋宏章

新年あけましておめとうございます。
皆様におかれましてはお健やかに新年をお迎えのことと存じます。
昨年中は、ご利用者の皆様やご家族様、地域の方々、行政関係各位の皆様より多大なるご支援やご協力を賜り心より御礼申し上げます。
これからも理念である
「心豊かに明るくすこやかに」
「長生きをして本当によかったと思える暮らし」
「地域の皆様とともに」
を旨に、ご利用の皆様が安心・安全で生活して戴けるよう、また地域社会に貢献できるよう職員一同努力してまいります。
ご指導、ご鞭撻のほどをお願いいたします。

地域のご高齢者とつながる地域包括支援センターを目指して

羽生市南部地域包括支援センター 所長 石川 悟

新年明けましておめでとうございます。
羽生市南部地域包括支援センター薫藤園は、この4月に開設3年目を迎えます。これまで高齢者の皆様やそのご家族様からのご相談を中心に、数々の対応をしてまいりましたが、私共だけで解決の道へと導くには苦労するケースも多々ございました。そんな時に頼りになるのが、地域に存在する医療や福祉に関わる方々、民生員さんや自治会の関係者等のご協力でした。
国では「地域包括ケア」を推奨し、何か問題を抱えてお困りの方を地域ぐるみで支援する方向性を示しています。私たちは地域の皆様にその存在をアピールし、更なる繋がりを求ようと考えております。どうか皆様のご近所等で、支援が必要ではないかと思われる方々がございましたら、お気軽にご連絡頂けたら幸いに存じます。

 

薫藤園災害救助協力会・秀安地区自主防災会 夜間避難訓練

従来型 大塚副主任

第二十六回夜間地域合同避難訓練が行われました。

非常ベルが鳴り、自動放送が放送され訓練が始まると利用者の皆様は、あわてる様子もなく落ち着いて職員の指示を良く聞いて行動されていました。薫藤園災害救助協力会(地域の皆様・消防団第六分団)の皆様も利用者の方を誘導介助をしていただき、いざという時のご協力していただける安心感を感じました。
「消火器の取り扱い体験」が予定されていましたが、あいにくの雨のため室内で「簡易担架作成体験」を行う事となりました。担架作り体験に参加した代表職員が「毛布と竹竿という身近なものでしっかりとした担架が作れることに驚き、関心しました」と話していました。
羽生市消防本部の協力のもと無事に行うことが出来ました。ありがとうございました。

 

敬老会

ユニット型 海澤介護士

竹下理事長

9月18日 薫藤園・もくせいの里・清和園合同の敬老会を開催いたしました。
竹下成子理事長より、敬老の日を迎えて2010年に全国を襲った観測史上最も暑い夏、「彩のかがやき」をはじめ、「コシヒカリ」「キヌヒカリ」などが高温障害の打撃を受けて、白未熟粒といわれる白く濁ったお米が多発してしまい、開発していた約300種のほとんどが白く濁ってしまいました。その中に奇跡的に白く濁らなかった1種類を発見。その1株から種を増やし、交配から9年を経て「彩のきずな」が誕生したことより、時間を掛け年を重ねることが貴重で大切であるお話をいただきました。
羽生副市長三枝孝之様、県議会議員諸井真英様をはじめ、大勢のご来賓の皆様をお迎えし、お祝いのお言葉を頂きました。今年のお祝いには、百歳を迎える方を筆頭に、白寿二名、卒寿四名、米寿七名、傘寿三名、喜寿二名の計十九名の方々がご出席され、それぞれ記念品をお受け取りになり、大変喜ばれておりました。
式典終了後には、宇宙劇団様による南京玉簾やことの音会様による琴の演奏を楽しまれ、美しい音色に皆様感動されていました。
その後の会食でも笑顔が絶えない楽しいひと時を過ごされていました。

櫻井とく様 おめでとうございます

ご利用者の最高齢者の方が今年度に百歳を迎えるにあたり、羽生市副市長より総理大臣 安倍晋三様からのお祝いの賞状と記念品を授与されました。
全国の100歳以上の高齢者が9月現在、前年比2014人増の6万9785人に上り、48年連続で過去最多を更新したことが、厚生労働省の調査わかりました。20年前の6.9倍、10年前の1.9倍。女性は6万1454人で、全体の88.1%を占めています。
厚労省は「出生数の多い世代が100歳を迎えていることや、医療技術の進歩などが要因と考えられる」と分析しています。調査は敬老の日(今年は17日)を前に毎年公表されています。国内最高齢は、福岡市で暮らす女性で115歳。今年7月22日から国内最高齢者となっています。男性は北海道足寄町の113歳。ギネスワールドレコーズ社は4月、この男性を世界最高齢の男性と認定しました。
100歳以上が少ないのは埼玉県(32.90人)、愛知県(36.78人)、千葉県(39.34人)、大阪府(40.09人)の順となり、埼玉県が最下位であり、今回のご利用者は埼玉県では貴重な存在のようです。今年度中に100歳になった人と、100歳になる予定の人を合わせた人数は9月1日現在、3万2241人で、前年度と比べると144人多くなっています。

 

社会福祉法人 さきたま会