薫藤園の暮らしから3 – ボランティアの皆様ありがとうございました 令和元年春~夏

薫藤園の楽しい暮らし

梅澤様 歌謡ショー

毎月恒例の梅澤様歌謡ショーが交流ホールにて開催となりました。
響き渡る歌声で、懐かしい名曲を一曲一曲心を込めて披露して下さる姿に、利用者様は感動し涙を流される方もいらっしゃいました。知っている曲が流れると手拍子をしながら身体を揺らし楽しまれておりました。
時間が過ぎるのは早く、恒例となった握手会では「いつもありがとう」と名残惜しそうに手を差し伸べている利用者様の姿がとても印象的でした。
従来型 鈴木職員

楽団ひとり様

5月21日、楽団ひとり様による音楽ボランティアがありました。
演奏しながら曲を歌って頂き、一曲一曲の歌について歌手や年代など詳しく説明もして下さり、入居者の皆様は「懐かしいなあ」「ああ、この歌か!」と歌を元気よく楽しそうに一緒に歌っていました。
最後は楽団ひとり様と入居者様皆様で記念写真を撮り、皆様終始楽しまれていた様子で笑顔がたくさん見られた1日でした。
ユニット型 木村職員

三味線・民謡ボランティア

6月11日民謡三昧の皆様4名様が来園され、津軽三味線を披露して下さいました。利用者様は迫力のある三味線の音色に耳を傾け聞き入っておりました。「ソーラン節」や「花笠音頭」等の曲目では、自然に手拍子をされ合いの手を入れていました。会場が一体となって盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。
従来型 神田介護士

歌・音楽ボランティア

ザ・ランクス2名様による歌とギター演奏が行われました。色鮮やかな衣装を身にまとい、「君といつまでも」「ダイヤモンドヘッド」「津軽じょんがら節」など12曲、沢山の曲を演奏して下さいました。
ギターの音色が響き渡り、利用者様は気分高揚され一緒に口ずさみリズムに乗って手拍子をされていました。「素敵な演奏会だったね」と笑みを浮かべ楽しい時間を過ごされていました。
従来型 樽見職員

木村認定こども園交流会

子どもたちの元気な声が聞こえてくると、利用者様は拍手をしながら笑顔で迎えておられました。
園児の皆様は、季節の歌を大きな声で歌いながら元気よく踊り、利用者様も一緒に手拍子をしながら口ずさんでいました。また園児の皆様に「かわいいね」「おいで×2」「いくつ?」など話しかけ握手をしたり、頭をなでたりと触れ合っていました。元気パワーをもらい利用者様はイキイキとされていました。
従来型 増田介護士

誠和福祉高校ボランティア

7月16日誠和福祉高校2年生20名が清掃ボランティアに来園されました。
従来型・ユニット・デイサービスに分かれ、窓拭きや車椅子清掃を行いました。生徒さんが利用者の方に「どうもありがとう。」と声を掛けられると、戸惑いながらも「ありがとうございます。」と笑顔で答えていました。
玄関や廊下の窓が綺麗になり、利用者の皆様が清々しい気持ちで過ごすことが出来ます、どうもありがとうございました。
事務 高橋介護支援専門員