わしのみや保育園・わしのみや第二保育園

4月の暮らし

園庭の楓も一斉に芽吹き始めました。桜のつぼみも大きく膨らんでいます。明るく温かい春が来ました。
春は新しい出会いの季節です。
4月3日は入園式です。わしのみや保育園・第二保育園に今年も大勢の新入生をお迎えしました。
朝の庭には新しい名札を見せ合って喜んでいる子もいれば、先生の手を握ってはなさない子もいます。表情から新しい保育園の暮らしが始まったばかりで子どもたちの心は不安と喜びが錯綜していることがわかります。
園の職員は職種を越えて協力し、新年度の子供たちに向き合いたいと思います。一日も早く不安を取り除いてあげて新しい環境や生活リズムに慣れ、どの子も安心し喜んで保育園に通えるようにしてあげたいと思います。

新入園・進級の対応

新しい環境に困惑している子供たちには、机・いす・ロッカー・靴箱にお名前を書いたり、お名前に代わるシールを貼ったりして安心する居場所を作ります。遠慮しないで玩具や絵本を使えるように一緒に遊んで教えてあげたいと思います。

園もご家庭も子どもに寄せる願いは共通しています。

  • 喜んで通えますように
  • 友達と仲良く遊び、心豊かに過ごせるように
  • 病気や怪我をしないですこやかに元気に明るく過ごせるように
  • やさしく賢くねばり強い子に育ちますように

これらの願いを必ずかなえるために園とご家庭はしっかりと手を携えたいと思います。
ご家庭の皆様には、この時期は特別なご配慮をお願い申し上げます。
「お昼ごはんはおいしかった?」
「保育園で何をしてあそんだの?」
「困ったことは何でも先生に言うのですよ」
「今日は誰(父母祖父母など)がお迎えに来ますからね」
などと不安を取り除く一言をかけて頂きたいと思います。
また出来るだけ入浴などは一緒に行ってください。

担任は子供の心としっかりと向き合って、優しい言葉かけとスキンシップを諮りながら子供との信頼関係を築きあげたいと思います。
「せんせいは優しいよ」
「せんせいはお母さんみたいだ」
「困ったりわからない事は何でも話せるよ」
と納得させたいと思います。幸いの春の好季節です。毎日のように戸外で友達どうし楽しい遊びにいざないたいと思います。

一方楽しい暮らしを営むためには子供自身にも守らなければならないルールや約束があることを少しずつ丁寧に指導したいと思います。

  • あかるいご挨拶
  • 持ち物の始末
  • お手洗いの使い方
  • ベランダは走らない事
  • ブランコや滑り台は順番を守り交代して使う事

ひとりひとりの成長に対応した言葉がけや働きかけを配慮して指導して参ります。

お花見会

第一週または第二週の開花を待って行います。
素晴らしい青空の下でぎんゆう会(老人会)と民生委員の皆様とお花見を楽しむ予定です。花の下にゴザを敷いておいしいお団子を頂いたり、ギター演奏と歌のおじさんと一緒に遊びます。

自然観察・草摘み遠足

農園や原っぱやで遊びます。野道の散歩をします。咲いているのはタンポポ、れんげ、スズメの鉄砲、雪やなぎ、おおいぬのふぐり、油菜の花、カラスノエンドウなどなど。小川にはタニシ、ザリガニ、どじょうやメダカが見つかるかもしれません。

園庭遊び

園庭にあるさまざまな遊具で遊んでいる内に、ルールを知ったり、自分の考えを言葉にしたりといった成長が促されます。お砂場では砂山、ダム、お水を流して川をつくったり、ままごとやシャベルで掘ったり積んだり、手で丸めたりして友達どうしの会話も弾みます。

健康管理

健康管理の面におきましては、まず担任が既往暦を把握し、基本的な生活習慣を丁寧に指導していきたいと思います。内科・歯科の園医の先生により健康診断も行い、その結果をお知らせする予定です。


 

子供が好きな遊具玩具紹介 「おままごとセット」