わしのみや保育園・わしのみや第二保育園

3月の暮らし

庭に降り注ぐ陽も日増しに明るく温かくなりました。花壇のチューリップの蕾も園庭の木の芽も膨らんでいます。春の訪れは嬉しく思いながらも時の流れの速さに驚きます。

季節は巡り今年度の最後の月になりました。卒園や進級までの残り少ない日々を元気に楽しく暮らしたいと思います。

この一年間ご家庭や地域の皆様に守られて、おかげさまで子どもたちは怪我や事故も無く、大病とも無縁ですくすくと大きく成長することができました。各クラスにおきましては更に一日一日を充実させたいと思います。「友達はいいな」「お外も温かいし友達と遊ぶのはほんとに楽しいな」と通ってこられるように絆を深めたいと思います。

進学進級

この春、生活の流れが大きく変わるのは幼児部に進級する現すみれ組児、卒園して小学校に入学するさくら組の子供たちです。

さくら組

  • どの子も喜んで入学をさせていただけるよう、小学校と緊密な連携を取り合う。近隣小学校の交流会に伺わせていただく。
  • 異年齢児との交流の機会を設けて、友達と保育園の楽しい思い出をつくる。

すみれ組

  • 期待を持って喜んでもも組に進級できるよう、幼児部のお友達と交流する。
  • 基本的な生活習慣(ごあいさつ・お返事・お弁当を開く、しまうなど)や、衛生習慣(手洗い・うがい・排泄など)などの指導を配慮して、新しい生活を円滑に始めさせたいと思います。

おゆうぎ会

4日(土)には子供たちの晴れ舞台、おゆうぎ会(幼児部)が開催されます。
歌やダンス、言葉遊び、器楽演奏など、今まで練習してきた成果を発表いたします。どうぞご家族揃ってご覧いただき、拍手で応援をしてやっていただきたいと思います。
おゆうぎ会を通し、表現活動への大きな自信を持たせたいと願っています。また、どの子も心に余裕を持ち、周りの人との信頼や友達関係を深めて心身ともに一段と成長出来るようにと念願しています。

日常の暮らし

子供たちと進級や卒園の夢を膨らませながら楽しく暮らしたいと思います。

さくら組

  • 各交流会
    園外:鷲宮小学校。上内小学校交流会。
    園内:小さいお友達のクラスに入って楽しく遊びながらお別れを惜しむ。例えば赤ちゃんクラスで食事の世話をしたり抱っこしたりして遊んで触れ合う。うめ組みのお友だちとカレー会食を楽しむ。
  • 卒園文集に掲載する文章を書いてみる。(楽しかった保育園の思い出、家での出来事など)
    今年度は親子文集ですので、ご両親のご協力もお願い致します。
  • お別れ遠足に参加する。上野動物園に電車に乗っていってみましょう。保育園最後の楽しい園外保育です。(雨天中止)
  • 卒園式謝恩会に参加する。姿勢良く、また感謝の心で参列できますように。

全園児

  • お庭やお砂場で自由に土、砂、水に触れたり、遊具や乗り物を使用して遊ぶ。
  • 春が来たなあと体で感じる。東風、柳や欅の芽吹き、青麦畑、草の芽、蕾、花など。
  • 雛祭りに参加する。7段飾りの前で桜餅や甘酒(カルピス)を頂き、歌を歌って楽しく過ごしましょう。
  • 卒園式に参加してお別れを惜しむ。(幼児部)
  • 花壇の水やり、特に自分で育てている鉢やポットの春咲きの草花(もも組・クロッカス、うめ組・チューリップ、さくら組・ヒヤシンス)にきれいなお花を咲かせる様に世話をする。

健康管理

この時期湿疹やウイルス性の風邪、水疱瘡、希に麻疹、とびひ(流行性膿伽疹)などの発生を見ることがあります。遊んだ後や食事の前の手洗いうがいを実行したり、お布団の高温熱風乾燥を行うなどの衛生管理を行います。食中毒の予防にも万全を期したいと思います。

 

子供が好きな遊具玩具紹介 「竹馬・缶ぽっくり」

昔ながらの竹馬です。去年の秋にお父さんやお母さんと一緒に作り上げた世界に一つの竹馬です。
2週間が経過してひとりふたりと乗れるようになりました。園庭で転んでも倒れても根気よく挑戦し、3ヶ月が経過してほとんどのお友達が乗れるようになりました。
愛情あふれた竹馬は大人になっても忘れない良い思い出になることでしょう。