わしのみや保育園・わしのみや第二保育園

4月の暮らし

若草萌える明るく暖かな春がきました。間もなく元号が改まる記念すべき春の到来です。
春は新しい出会いと別れが交錯する季節です。
卒園生をそれぞれの小学校へ恙なく送り出して寂しくもほっとしたのもつかの間でした。またたくさんの可愛いい新入生をお迎えして新年度をスタートすることができました。
ご家庭でご父母の腕の中で大切に庇護されてきた子どもたちの新しい生活が保育園で始まります。小さな胸は期待と不安が錯綜していることでしょう。送られてきてお母さんの手を放せない子もいます。

今月は全職員とご家庭と手を携えて、一日も早く子どもたちの不安と緊張を取り除いて、喜んで登園できるようにしたいと思います。
進級した子供、新入園の子供たちに対してはこの時期は特別なご配慮をお願い申し上げます。
「園のお昼ごはんはおいしかったでしょう」
「友達と何をしてあそんだの?]
「困ったことは何でも先生に言うのですよ」
「今日は誰(父母祖父母など)がお迎えに来ますからね」
などと楽しい園生活の始まりを祝福する心を込めた一言をかけて頂きたいと思います。また朝食・夕食・入浴などは一緒に行ってください。

新しい環境に困惑している子供たちには、机・いす・ロッカー・靴箱にお名前やお名前に代わるシールを張ったりして安心して居られたり使ったり出来るよう、自分の所属所有を明らかにしたいと思います。
日常の中で担任は一人一人としっかりと向き合って、優しい言葉かけとスキンシップを諮りながら子供との信頼関係を築きあげたいと思います。
「先生は優しいな」
「先生はお家の人みたいだな」
「困ったら何でも話せるよ」
と、どの子にもわかってもらいたいと思います。
幸い暖かな好季節です。毎日のように戸外で友達同士楽しい遊びにいざないたいと思います。
一方楽しい暮らしを営むためには、子供自身にも守らなければならないルールや約束があることを丁寧に指導したいと思います。

  • 明るいごあいさつ(人間関係を築くための基本です)
  • 持ち物の始末
  • お手洗いの使い方
  • ベランダは走らない事
  • ブランコや滑り台は順番を守り、交代して使う

ひとりひとりの成長に対応した言葉かけや働きかけを配慮して指導して参ります。

  • 入園式(1日)が行われました。
  • お花見会(2日)素晴らしい青空の下で銀友会(老人会)の皆様と花の下に茣蓙を敷いておいしいお団子を頂いたりギター演奏と歌のお兄さんと一緒に遊びました。
  • 原っぱや野道の散歩。咲いているのはタンポポ、れんげ、スズメの鉄砲、雪やなぎ、おおいぬのふぐり、油菜の花、カラスノエンドウなどなど。小川にはタニシ、ザリガニ、どじょうやメダカが見つかるかもしれません。
  • お砂場遊び。砂山、ダム、お水を流して川、ままごとなど。シャベルで掘ったり積んだり手で丸めたりして友達同士の会話も弾みます。
  • 健康管理の面におきましては、内科医の健康診断、歯科医の歯の診断を行っていただきます。同時にまず担任が既往暦を把握し、基本的な生活習慣を丁寧に指導してまいります。園内検診の結果は家庭にお知らせします。

 

子供たちの好きな遊具・玩具紹介 ~園庭遊具~