わしのみや保育園・わしのみや第二保育園

8月の暮らし

一歩外に出ると熱気に包まれるような猛暑の季節を迎えております。ひまわり、百日紅、夾竹桃、酔芙蓉など夏の花々は暑さに負けず咲き誇っています。そして子供たちは暑さもなんのその、元気に登園してくれて、時には裸で遊んでいて夏の季節を楽しんでいます。
暑くても元気に通ってくれる子供たちと一緒に暑さを凌ぎながら今月も楽しい暮らしを営みたいと思います。
保育園は今月を自由登園といたします。園の暮らしは暑さを凌いで健康でのんびりと楽しく過ごすことを目標といたします。ほとんどの課題活動は休止します。(さくら組の楽器指導は継続します)
一日の日課は子供たちと相談して、お天気や気分まかせに決めたいと思います。
登園した子どもたちに

「今日はなにして遊びますか」
「ザリカニつりにするそれとも蝉とりにしますか」
「お散歩どこへいきましょうか」

など相談したいと思います。
友達と同じでなくても良いと思います。自分で開ける絵本やおままごとの道具などを周りに用意し、室内に積み木や組み木、乗り物などを準備して、並行して思い思いにきままに遊ばせたいと思います。プール遊び・水遊びも折々に取り入れてみんなで遊びたいと思います。

プール遊び

全園児とも晴れた日は一定時間をプールで遊びます。浮くための道具(ビーチボール・ビーチ板・浮き輪・ボート)で遊んだり、色石拾い・バーくぐりに挑戦してみましょう。

自然観察会 1日(月)

さくら組では楽しい夏のイベントとして羽生市淡水魚水族館へ行き、館内を見て回ったり水族館周囲の池や大変珍しい食虫植物むじなも自生地を見学します。網や水筒を持って楽しい遠足になることでしょう。交通手段としては園のバス、園長先生や担任の先生の自家用車、不足分については保護者会執行部のかたの自動車を提供していただく予定です。

日常の遊び

セミとり。園や園の周囲には大きな欅が繁っています。この幹にはニイニイ蝉・アブラ蝉などが鳴いています。まもなく法師蝉も鳴きだすでしょう。セミは網で取るのは難しいのですが、それぞれ挑戦したいと思います。

読み聞かせ。読み聞かせは毎日行います。緑陰にゴザを敷いて、あるいはお部屋の中で、お昼寝の前やお目覚めの時などのひととき、聞きなれた童話や民話・昔話・創作童話(最近の作家の絵本)など、楽しいお話をたくさん聞かせ、子供たちのイメージする力、考える力、感性を伸ばしたいと思います。

夏休みの経験。ご家庭ではこの時期お盆を中心に様々なご予定がおありのことと存じます。ぜひご家庭ならでは夏ならではの楽しい経験をさせてやって頂きたいと存じます。
山・海・高原や温泉・帰省・お墓参り・プール等にお出かけになってください。この夏、園とご家庭の経験が相乗され、心身ともに豊かな成長を遂げられますようにお願いいたします。職員も交代で休暇をとったり研修に参加して充電をしたいと考えております。

健康管理

今年は例年にない炎暑が続いています。抵抗力の未熟な子供たちを恐ろしい熱射病・日射病・熱中症を予防したいと思います。

  • 炎天下で長時間遊ばない。
  • 外出時帽子をかぶる習慣をつける。
  • お昼寝をする。
  • 水分補給をこまめに十分行う。
  • 食事をしっかり摂る。

これらの基本を守って健康で過ごしたいと思います。

また、食中毒の予防に留意し、手洗いうがいの実施や昼食は余分な腐りやすい副食など入れないよう気をつけてください。担任が匂い色など点検を行っています。主食は園でも用意できますので希望者は担任に連絡して下さい。


子供たちの好きな遊具玩具紹介
~虫取り網・虫かご・魚すくい網・釣り竿・バケツ~

虫取り網・虫かご・魚掬い網・ザリガニ釣り竿・バケツ。夏ならではの自然との触れ合い活動に欠かせない道具です。普段も使いますがさくら組の自然観察会にも持っていきます。
8月になると園庭や近所の公園にうるさいほど蝉が鳴きはじめます。子供たちはセミ取りに挑戦し、捕まえては喜んでいます。今年7月にはカブトムシを近所の公園のクヌギで捕獲できました。
しかし実際に発見し捕まえるのはなかなか難しいものです。
♪ 蝉せみせみみーん なかなか採れない蝉 なかなかいいないよせみ ♪
という子供たちのうたう歌詞の通りです。
また近所の小川にはアメリカザリガニがたくさんいて、子供たちがするめいかを餌にした手作りの竿で吊り上げては喜んでいます。