わしのみや保育園・わしのみや第二保育園

9月の暮らし

園の周囲の稲田は稔りの時を迎えました。折からの微風にゆったりと黄金色の穂波を揺らしています。すくすくとまっすぐに上を向いて伸びていた早苗がいつの間にか小さな穂を付けて炎暑に耐えながら生長し膨らんで自らの重みで垂れ下がっています。

稔るほど首を垂れる稲穂かな・・・詠み人知らず

この句がふと思い出される光景です。

9月に入りましたが日中は厳しい暑さが続いています。それでも朝や夕方など保育室を吹く抜けてゆく風は心地よく確かに秋が訪れたようです。春からの全国的なコロナ感染症の広がりはなかなか納まりません。ご家庭との連携により感染症からの安全圏を誇ってきた当保育園ですが最近になって

◎ご家族に罹患が疑われる発熱があったが検査を行ったら陰性だった
◎ご家族の勤務先に罹患者が出た

などのご報告を頂くようになりました。
情報共有によって最善の方策を講じているところです。
これからも大切な子供たちに忍び寄る見えない敵(ウイルス)の情報を共有させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

子どもたちはせっけんを使っての手洗いや咳エチケットも習慣となって身につきました。屈託なく病気やけがもなくどの子もニコニコと元気いっぱいに登園しているのが何よりうれしいことです。

先月25日は水祭りを行いました。裸で園庭狭しと駆け回り、水しぶきを上げて遊びました。夏の間毎日のように行ったプール遊びは28日に終了しました。

例年にない猛暑の夏を乗り越えて逞しさをました子供たちと意気を合わせて、今月も楽しい鷲宮保育園・鷲宮第二保育園の暮らしを営みたいと思います。

日常の保育は夏には乱れがちだった生活のリズムを整えながら

  • ぶどう狩り
  • 自然観察
  • 来月の運動会に向けての練習
  • 敬老の日を機会にお年寄りに対して尊敬や感謝や愛情の心を育てるためプレゼントを作成する

などの機会を持ったりお話をしたりしたいと思います。

ぶどう狩り

3日(木)に初秋恒例のお楽しみ「ぶどう狩り」にさくら組児童が参加します。近くの葡萄園さんまで往復約3キロメートルの道のりをまわりの自然を観察しながら歩きます。ノコンギク・エノコログサの繁る野道も通ります。葡萄園の緑の葉っぱの棚の下で自分が摘んだ新鮮で甘い葡萄を頂けば、子どもたちの笑顔もとろけることでしょう。
もも・うめ組はブルーベリー狩りを園の農園でゆっくりと楽しみ、今まで行ってきたぶどう狩りに代えます。

自然観察

  • 花壇では夏を彩った花々もそろそろ終わりの時を迎えています。花の終わり方をしっかり観察しましょう。
  • 女郎花やススキの穂、葛の花など秋の花を観賞します。
  • 朝顔の花と種・オシロイバナの花と種・ひまわりの花(園のひまわりは今年は遅咲きです)と種を比べて観察した後その花びらを集めます。
  • 野葡萄の実や赤紫蘇の葉などを摘んできて花汁を絞ってきれいな色水を作って遊びます。
  • 梨の実や葡萄お米などが実っているままの様子を観察します。
  • 農園やプランターで栽培している里芋を収穫します。
  • 稲は中旬頃が刈り時です。さくら組が稲刈りに挑戦します。

運動会に向けて

来月には小規模ながら運動会が行われます。かけっこやダンス、組体操などの指導を徐々にはじめたいと思います。一日一定時間、戸外で毎日のように練習を行います。練習をしながら努力をして成果が実感できるよう一人一人を観察しながら励まし、やればできるんだという自信を育てたいと思います。
運動会当日にはお知らせした通りの方法となります。時間や人数に制限がありますが、お揃いでお出かけ頂き、子供たちを応援してやっていただきたいと思います。

敬老の交流会

敬老の日にちなんでさくら組では感染症を予防策を講じながらできる範囲で、例えばお手紙を書くなど老人ホームの高齢者の皆様と交流の予定です。

健康・衛生管理

栄養管理・健康管理・仲良く楽しい愉快な暮らしを心がけて、子供たちの免疫力をアップさせたいと思います。
夏の疲れが出やすい季節なので休息を十分にとり、徐々に生活のリズムを整えたいと思います。気温も変動しやすい季節でもあります。『夏バテ』の身体は抵抗力も落ちて感染症にかかりやすくなります。ひとりひとりの健康観察と管理をしっかり行い、体調を整えてやりたいと思います。恐ろしい食中毒も発生しやすい季節ですので予防に努めます。涼しくなったという安心感を戒めたいと思います。

  • 手は石鹸で洗う
  • 爪を切る
  • 食事中こぼしたものは拾わない
  • 食べ物の臭いをかいだり見たりして鮮度を確かめる

など子供自身でもできる躾を行いたいと思います。

アタマジラミ予防

涼しくなるこの時期、稀に子どもたちの髪に普通に生活していてもシラミが発生することがあります。発生してしまうと痒くてイライラして集中力が損なわれたり、恐ろしい伝染病を媒介されることが懸念されます。
シラミの発生は髪などの不潔によって発生するものではなく、誰もが突発的に感染してしまうものです。近年のアラマジラミの発生はいわば交通事故のようなものといわれています。
電車やバス、更衣室(スイミングや公衆浴場、観光施設の脱衣場など)で簡単に瞬時に伝染するといわれております。

日頃の生活の中で予防しましょう。

  • 洗髪は毎日行いましょう。
  • 頭髪をまめにチェックしてください。
  • 目の細かい櫛で髪をとかしましょう。

 

子供の好きな遊具・玩具紹介

ビオブロ

オーストラリア製の積木です。
衛生面も考えられた積み木で簡単に洗えて清潔です。積み上げて遊んだりジェンガのように遊んだりと子供達に人気の積木です。