わしのみや保育園・わしのみや第二保育園

12月の暮らし

朝夕の寒さが募るこの頃です。

街をゆき子供の傍を通るとき蜜柑の香せり冬がまた来る 木下利玄

お庭を走ってきて「せんせい鉄棒を握ったらとっても冷たかったよ」と報告してくれた子がいます。その息は真っ白です。木枯らしが吹いて落葉が積もって初霜も降りました。とうとう今年も冬が来たなあと実感いたします。
それでもやがて太陽がのぼり小春日和のポカポカと柔らかい日差しは心地よく、子供たちを戸外遊びにいざなうかのようです。日中庭で遊んでいる子どもたちは上着を脱いで元気いっぱいです。寒くても元気に登園してくれる子どもたちと今月も楽しい保育園の暮らしを営みたいと思います。

今月は心が弾むお楽しみも待っています。「あといくつ寝るとお正月?」お正月を待っているだけでもわくわくしますが、お正月に負けない愉快な行事も盛りだくさんに予定されているのです。お年寄りや中学生との交流会、クリスマス会や人形劇の鑑賞会、お餅つきや門松作り、保育参観などなど、どんなにか楽しみなことでしょう。

日常の暮らしのなかで

  • 初冬の季節の素晴らしさを自分で発見する(初氷、初霜、北風、草や木々の様子、空)
  • 体を動かすと暖かくなる
  • 北風に向かって走ると大変だけれど風に追われて走るのは楽だ
  • 商店街が歳末セールで賑やかになった
  • サッカー大会が楽しみだなあ
  • 吐く息が白いね
  • 近所の皆様と交流できてうれしいな
  • 風のない暖かい日には出来るだけ戸外へいざない友達どうし体を動かして遊びたいと思います。
  • おうちの方が手作りしてくれた世界に一台の竹馬に乗れるように竹馬乗りの練習をする。乗れるようになったらおうちの方に報告しましょう。
  • お正月を期待しながらくらす。お正月の歌。かるた。こまで遊ぶ。
  • クリスマスの飾り付けを楽しむ。サンタクロースから頂くプレゼントを入れる靴下やおやつ入れを工夫して作る。教室にクリスマスツリーを飾りつける。
  • ボール遊び(サッカー・ドッチボールなど)
  • 朝のマラソンに参加する
  • お散歩(歳末売り出しの商店街・公園・学校・田んぼ道)
  • お砂場遊び(お山を作る。ダムを作る。水を流す。団子を作ることが出来るよう熱処理済み砂をたくさん用意しました)
  • 縄跳び(短縄跳び長縄跳び)
  • 鬼ごっこ
  • ランニング(運動公園一周コース)
  • 乗りものあそび(スケートや自転車など)

など身をもって学ばせたいと思います。

そのほか今月は次のような特別な楽しみ行事も予定されています。

地域世代間交流おもちつき大会 7日(土曜日)

つきたてのお餅を中学生やお年寄りの皆さんと一緒においしくいただきます。毎年恒例の地域ぐるみの賑やかで楽しいお餅つきです。西中学校の生徒の皆様、老人会団地支部(銀友会)の皆様、民生委員の皆様が大勢集まって仲良く昔ながらの方法でおこないます。かまどで蒸したお米を臼と杵でついて搗き立てを頂きます。

保育参観・クリスマス会 21日(土曜日)

クリスマスを楽しみに待ちながらツリーを飾り付けます。お部屋も飾ります。さくら組は靴下も自分で布に刺繍して作りました。手づくりの電球やお星や靴下などをクリスマスツリーに飾りつけてクリスマスソングを歌ってクリスマス会を待ちます。
サンタクロースが一人一人にプレゼントをくださるのは一番の楽しみです。お母様と一緒にケーキを頂いて一緒に歌ったり楽器で遊んで楽しいクリスマスパーティーに参加してひとときを過ごしたいと思います。

人形劇鑑賞会 25日(水曜日)

劇団“バク“による上演は日本昔話からです。ホールで行います。全園児で楽しみます。

健康管理

健康管理の面ではもっとも心配なのは新型のインフルエンザです。
ご家庭のご協力によって今まで防戦に努めてまいりましたおかげでまだ発生をしておりません。地域的にも猛威をふるっているインフルエンザです。子どもたちをなんとしても罹患から守りたいと思います。まず室内の保温と保湿に努め手洗いうがいを継続して丁寧に指導して参ります。
ご家庭におかれましてもご理解をいただき「わが子を感染症から守る!」というお気持ちでご配慮をお願い申し上げます。外出から戻ったら手洗いうがいを必ず行うしつけに合わせて、食事や睡眠など配慮いただきたいと思います。
また、コップとタオルの毎日の持ち帰りによる洗浄と洗濯、感染予防のために人ごみに連れ歩く機会を少なくするなどのご協力をお願いいたします。

 

子供たちの好きな遊具・玩具紹介

竹馬作り(竹・縄・木材)

冬の外遊びに欠かせない竹馬です。さくら組全員が一台ずつ持っています。おうちの方が作って下さったものです。握り具合も足のせ具合も自分に合って調整されてあり世界に一足の貴重な竹馬です。竹馬に乗るのはコツがあってなかなか難しいのですが、卒園までには全員が乗れるようになるから不思議です。一月の竹馬大会を目標にして毎日みんなで練習しています。

社会福祉法人 さきたま会