わしのみや保育園・わしのみや第二保育園

8月の暮らし

猛暑の季節を迎えました。毎日の暑さには閉口します。でも朝や夕方に太陽が照り付けないほっとするわずかな時間帯があります。青々と茂った葉っぱの間から朝顔の花が涼やかに咲いて登園してくれる子供たちを迎えています。花びらに小さな露玉を載せています。

いつも元気に登園してくれる子供たちと一緒に今月も楽しい保育園の暮らしを営みたいと思います。
8月はのびのびと健康第一に暮します。ご家庭でも家族とお出かけの機会が多い季節ですので自由登園制といたします。

保育園では暑さを凌いで健康に暮らすことをこころがけ一切の課題活動を休止してのんびりと暮らします。
日課は気分や天気次第で「今日は何して遊びたい?」「お散歩はどこにしますか? 電車を見に行きますか?それともザリガニつりにしますか?」など、その日その日登園した子供たちと担任の先生が相談して決めたいと思います。

プール遊び

曜日を定め子供たちの大好きなプールで遊びます。先月から始めた水遊びですが、すでに何人かダルマ浮きをしたりバタ足で泳げるようになっています。ボートやボールや色石など、いろいろな水遊び用品を使って恐れないで水になれて親しめるよう徐々に指導を行います。
水遊びは楽しい一方、衛生や安全には特別な配慮が必要です。水質検査、水温計測、水量管理、プールサイドの清掃は毎日行います。プールに入る前と終了後の体操、シャワーによる身体洗浄、洗眼、排泄を必ず指導して、万が一にものプール遊びを原因とした怪我や感染症や結膜炎などの病気を防ぎたいと思います。

日常の暮らし

  • 1日、自然観察会(さくら組)バスに乗って羽生市のムジナ藻の池水族館に行きます。
  • 緑陰での読み聞かせ
    風通しのよい欅の下に花茣蓙を敷いて、子供たちの大好きな絵本や紙芝居をたくさん読んで聞かせたいと思います。ちょっと疲れたらそこに寝転んだりままごとをして遊びます。
  • セミ獲り
    園内には大きな欅が何本も繁り、近所の公園の樫が葉を茂らせ、幹にはたくさんのセミがとまって鳴いています。アブラ蝉、ニイニイ蝉、法師蝉など。セミを捕まえるのはなかなか難しいので、獲れたときの喜びは格別です。みんなで挑戦したいと思います。
  • ご家庭でもこの時期は何かとご家族そろってのご予定がおありのことと思います。お盆を迎えお墓参り、帰省、海、高原、温泉、山、プールなどのおでかけなど。ぜひ心がけてご家族ならでは夏ならではの、さまざまな貴重な経験をさせて頂きたいと思います。

健康管理

健康管理におきましては食中毒の予防に努めるのはもちろん、衛生的な環境休息に配慮して夏ばて、寝冷え、熱射病、化膿性濃化疹(とびひ)などの厄介な病気から子供たちを守りたいと思います。
具体的には

  • 身体を清潔に保つ(爪髪体)
  • 食事の前は必ず手を洗う
  • 外遊びのときは帽子をかぶる
  • 炎天下では遊ばないこと

などを指導したいと思います。

 

子供たちの好きな遊具・玩具紹介 ~プール用おもちゃ~

夏の遊びの醍醐味は水遊びです。保育園には本格的なプールが設置してあります。
プール開きが終わると毎日のようにプールで遊びます。プール遊びを楽しくしてくれる遊具のいろいろです。

  • ビート板
  • 浮くおもちゃ
  • 沈むおもちゃ(貝や魚の形をしています。潜って拾います。)
  • ビーチボール
  • くぐり棒(職員の手作り)

など、たくさんのおもちゃで遊んでいます。

社会福祉法人 さきたま会