わしのみや保育園・わしのみや第二保育園

4月の暮らし

季節は巡り春が来ました。桜の花は早くも満開です。
桜の花は咲き盛っています。でも日本中の人々はうららかなお花見気分に浸ることができません。報道によれば新型コロナウイルス感染症が日本でも日増しに増えて広がりを見せています。卒園式、入園式もままならないどころか、園児をはじめ職員やご家族の健康が本当に心配なこの頃です。

ウイルス感染予防対策をしっかりと念頭に置いて新しい暮らしをスタートさせたいと思います。
春は別れと出会いの季節です。大勢の卒園生を小学校へ送り出して寂しかった園舎に、また大勢のかわいらしい園児をお迎えすることができました。
ご進級おめでとうございます。
ご入園おめでとうございます。
春爛漫、満開の桜の花の下で子供の笑顔がはじけています。全園児が体調も良く元気そのもの、賑やかな鷲宮保育園、鷲宮第二保育園の暮らしが始まりました。

今年度も法人の理念をしっかりと念頭に置いて、職員一同心を合わせて
「心豊かに明るく健やかに」
「子供たちに寄り添う暮らし」
を営みます。
当園が子どもたちの最良の成長の場でありますよう努めてまいる所存です。ご家庭や地域の皆様のご理解ご支援をよろしくお願い申し上げます。

進級した在園児も新入園児も新しい環境の中で緊張が見られます。なかなか鞄を下ろせない子もいます。椅子に座って周りを見渡している子もいます。期待と不安でいっぱいの子供たちです。

  • お母さんと離れると寂しいなあ
  • 家に帰りたいよ
  • 先生はやさしいかなあ
  • トイレに行きたいのに先生気づいてくれないかなあ
  • 園は広くて迷子になったらどうしよう

などなど特に新入園児の心は乱れていることでしょう。一日も早く一時間でも早くその不安を取り除いて、元気に今月の園生活を始めたいと思います。

一人一人に言葉をかけてあげ、抱きしめてあげて楽しい遊びに誘いながら「先生はお母さんみたいだよ」と思ってもらえるように信頼関係の構築に努めたいと思います。

今月は入園式や在園児との顔合わせ会、何より楽しいお花見会が行われます。例年お花見は近所のお年寄りを招いての世代間交流を行っておりましたが今年は検討中です。
満開の桜の下で甘いお団子を食べるのも楽しみです。歌のお兄さんのギターを弾きながらの歌に手拍子したり「チョウチョ」や「チューリップ」など、良く知っている歌をみんなで合唱したいと思います。

また健康で園生活をスタートできるよう、以下の検診・検査を行いますのでご家庭のご協力をいただきたいと思います。

  • 中旬には園医 竹下啓先生による全園児の健康診断を行っていただきます。診断の結果はお知らせいたしますので、内容によっては改めて医師の診断を仰いでいただきたいと思います。
  • 同じく中旬には尿検査も行います。資料のご提出をお願いいたします。こちらの結果も同様にご対応いただきたいと思います。

日常の暮らしはのんびりと楽しく過ごします。そしてどの子も喜んで園に通えるように子供たちに寄り添いたいと思います。合わせて楽しい園の暮らしを営むためには守ってほしいお約束もあることを伝えます。

幼児部(もも・うめ・さくら組)

  • 新入園のお友達を歓迎しましょう
  • お互いにあかるいご挨拶をいたしましょう(おはようございます。さようなら)
  • 廊下は走らないようにしましょう
  • お当番活動を始めましょう
  • 遊具や玩具は譲り合って使いましょう

など、暮らしの中で指導してまいります。

子供たちの好きな遊具・玩具紹介

木のおままごと遊び

子ども達の大好きなコーンに乗った甘いアイスクリーム。アイスにもコーンにも磁石がついていてその作用でポンとのせればアイスクリームの完成です。自分でもった気分が味わえて、アイスクリーム屋さんになった気分です。
ドーナッツもチョコレートも皿に並んで本物そっくりです。ついつい食べてしまいたくなります。
楽しい会話がはずみます。

 

社会福祉法人 さきたま会