先月の保育から

さくら草の新年は、新春そばうち大会、新春コンサートで楽しく始まりました。つづいて、伝統的なお正月遊び、福笑いで初笑いを楽しみました。また、マラソン大会、竹馬大会では努力の成果を見せてくれました。二月も寒さに負けぬよう、元気に過ごして参りたいと思います。

新春そばうち大会

6日(金)、そばのように細く、長く、健康に過ごせるようにと願いを込めて、幼児組のお友達がそば打ちの体験をしました。
こどもの国さくら草保育園の中村園長先生に教えて頂きながら、各クラス分担して作りました。
もも組はそば粉と小麦粉を混ぜ、サラサラする感触を楽しみながら白くなった手を見てニコニコしていました。
うめ組は先生が捏ねた生地を薄く伸ばす為、麺棒で一生懸命伸ばし、大きくなっていく生地を見て「おぉー」と驚いていました。
さくら組は大きなそば切り包丁を手に、少し緊張気味でしたが、真剣な眼差しでそばを細く切りました。
自分達で作ったそばの湯で上がりを楽しみに待ち、昼食の時間にはお腹いっぱいそばの味を堪能しました。今年も健康に過ごせるといいですね!

 

新春コンサート

12日(木)、リトミック講師でパーカッション奏者の鈴木あゆみ先生を中心に、オカリナ・フルート奏者・ピアニストをお招きしての新春コンサートが行われました。
子どもたちが大好きな「アナと雪の女王」のオープニングメドレーから始まり、みんなで楽しく歌える童謡「いとまきのうた」や「たまごをパカッ!」、ソフトバンクのCMで使われている「くるみ割り人形」、ディズニー映画「ズートピア」より「トライ・エブリシング」、アンコールには忍たま乱太郎のテーマソング「勇気100%」など、みんなが知っている曲を演奏して下さいました。それぞれの楽器の紹介もして下さり、みんな素敵な演奏に聴き入っていました!プロの生演奏を肌で感じることができ、本当に貴重な体験をすることができました。

 

マラソン大会

16日(月)青空の下、毎年恒例のマラソン大会が行われました。
もも組は三周・うめ組は四周・そして、さくら組は五周を、各クラスごと体育指導の古川先生と一緒に走りました。
スタートの笛の合図と共に一斉に走り出した子ども達。始めのうちは力強く走っていましたが、だんだんと辛そうな表情に変わってきました。しかし、お父さん お母さん、先生や友達の声援に後押しされ、全員見事に完走することができました。
辛くても足を止めることなく走り終えた子ども達の表情は、達成感で満ち溢れていました。この経験が今後の子ども達の大きな力となる事でしょう。

 

内科健診

20日(金)、今年度最後となる内科健診がありました。肌の乾燥があるお子さんが目立ちましたが、その他では異常なしでした。4月、6月の健診の時よりも皆しっかりとご挨拶ができ、乳児組のお子さんも泣かずに診察を受けられる子が増え、成長を感じました。
風邪やインフルエンザが流行る時期です。保育園では、毎日こまめに手洗いうがいを行っています。睡眠を十分にとり、バランス良くしっかり食べ、寒い冬を元気に過ごしていきましょう。

 

竹馬大会

25日(水)にさくら組、うめ組のお友達を対象に竹馬大会が行われました!
練習ではさくら組が支えになって、うめ組のお友達に教えてあげるという姿も見られました。当日はちょっぴり寒くて手もかじかんでいたのですが、しっかりと竹馬を握りしめて、一歩一歩頑張っている子ども達の姿がありました。乳児組さんの応援も力になったと思います!
おうちの人と一緒に作った世界でひとつの竹馬で、みんなが最後まで諦めずにゴールする事が出来ました。
大会が終わっても「競争しようね!」「一人で乗れるようにするんだ!」など、まだまだやる気一杯の子ども達。サポートをしながら見守っていきたいと思います。

 

お正月遊び ~福笑い~