先月の保育から

9月は、さくら組は網や虫かごを持って後谷公園に自然観察に出掛け、バッタやトンボ、セミ等をつかまえてきたり、小川のせせらぎでアメンボやミドリガメを見つけたり、興味を持って活動することができました。敬老訪問は、今年はふれ合いを楽しむことはできませんでしたが、子ども達の似顔絵を切り抜いた制作物と手作りのペンダントを差し上げました。引き続き新型コロナウイルス感染症予防に十分留意して生活して参ります。

引き取り訓練

1日(火)、大きな揺れや余震を想定した地震の避難訓練と、引き取り訓練を行いました。
放送が流れ、少し驚いてしまった乳児組さんもいましたが、先生と一緒に慌てずスムーズに避難をする事が出来ました。幼児組さんは、先生の話をよく聞いて机の下に潜る事や、静かに保護者の方を待つ事ができました。
今回はこれから起こるかもしれないもしもの時に、感染症拡大防止策も取り入れるという課題もありましたが、訓練を通して良かった所や見直す所など確認ができ、子ども達も職員も緊張感を持って行う事ができました。

自然観察

8日(火)、猛暑の為に延期になっていた自然観察に、さくら組が後谷公園まで行ってきました。
しっかり水分補給をしながら7グループに分かれ、網と虫かごを持ち虫探し開始!
蝶や二種類のトンボを見つけ「シオカラトンボと赤トンボだ!」と嬉しそうにじっくり観察していました☆ また、小川では水を触って自然な冷たさに喜んだり、野原を駆け回ったり、セミの脱け殻を見つけたりと、好奇心旺盛な子ども達はエネルギーがみなぎっていました! 池では鯉やカメも見ることができました。
「楽しかった!」「また行きたい!」と声を揃え、とても楽しい時間を過ごせました。目で見て感じたことを大切にして、これからも自然と触れ合っていって欲しいと思います。

敬老訪問

15日(火)、例年はサニーライフ戸田公園さんを訪問し、お年寄りとの交流をさせて頂いていますが、未だ終息の兆しがみられない新型コロナウイルスの影響で訪問が難しく、壁面やメダルのプレゼントのみをお届けしました。
折り紙で折った柿がたくさん実った木やキノコのある秋の風景に、一人一人笑顔の自画像を貼りました。子ども達がご長寿の願いを込めて作った作品が、お年寄りの皆様の元気の源の一つとなって、いつまでも笑顔でお過ごし頂きたいと思います。

 

9月のお誕生日会

9月のお誕生日会も、乳児組と幼児組に分かれて、6名のお友達をお祝いしました。
乳児組は、パネルシアター『おねぼうさん』で、布団の中で寝ている動物さんは誰かを当てるクイズ!「〜さん、おきてー!」と色々な動物を起こし正解すると、やったー!と大喜び☆ その後は『すうじのうた』のパネルシアターを見ながら元気に歌を歌い、楽しい時間を過ごしました!
幼児組は『だめよダメダメ!』という手遊びで楽しく遊び、先生達からの出し物は、『浦島太郎』のパペットシアターでした。ノリノリの音楽に子ども達も体を揺らしながら見ていました。楽しい時間を過ごすことが出来ました☆

安全な暮らし・日常のスナップ

防災の日でもある1日(火) 、戸田市役所に 不審なメールが届き、不安な一日となりましたが、さきたま会では子ども達の安全を第一に、安心して過ごせるよう警備会社より警備員を派遣して頂き、爆破予告の時間過ぎまで警備をお願いしました。
幸い、何事もなく時刻も過ぎ、無事に一日を過ごせました。今後も子ども達の笑顔を護れるよう、防犯対策に努めて参ります。