先月の暮らしから

8月は連日の猛暑にも負けず、プールや水遊びで元気に過ごしました。虫とりやザリガニ釣りで生物を身近に感じたり、野菜を収穫したり楽しい夏でした。

プール遊び

毎日暑い日が続きました。プール遊びの日は通りを通る人が子供たちの大きな歓声に立ち止まってしまうほどでした。その結果、さくら組で18名(約5メートル)、うめ組で6名(約4メートル)が泳げるようになりました。

 

自然観察

1日は晴れて遠足日よりでした。さくら組の子どもたちはバスに乗って羽生市の淡水魚水族館に行って参りました。
水族館は涼しく、オオサンショウウオやイモリなどの両生類やフトアゴヒゲトカゲ、ミルクヘビ、ワニガメなどの珍しい爬虫類をめぐりながら歓声が続きました。亀やザリガニに触れたり、コイにエサをあげる体験もでき子どもたちは大喜びでした。

 

ザリガニ釣り

上内小学校付近の水辺にザリガニ釣りに行ってきました。
ザリガニがかかると最初はすぐ逃げてしまいましたが、だんだんとコツをつかみ、上手に釣れるようになりました。
ザリガニはハサミを避けながら背中を押さえるようにつかむのがコツです。園に戻ってからも釣ったザリガニで練習して、つかめるようになった子が増えました。

 

農園だより

8月の農園も豊作で、子ども達が毎日順番に収穫をしてくれました。
週明けの月曜日にはスーパーでは決して見られないような大きなキュウリが採れるので、子ども達もビックリ&大喜びでした!
待ちに待ったブルーベリーも収穫の時を迎え、もも組の子ども達がブルーベリー狩りを楽しみました。
「このくらい濃い紫色になったブルーベリーが美味しいよ♪」
と先生の話を聞いた子ども達は、上手に熟して甘~くなった物を収穫してくれました。たくさん採れたブルーベリーはおやつのブルーベリーケーキにた~っぷり贅沢に使いました。ブルーベリーの香りと甘みがいっぱいの美味しいケーキでした!
これからの時期は畑も少しずつ秋めいてきます。穂が膨らみ少しずつ色づき始める田んぼの様子等も観察しながら季節の移り変わりを感じたいと思います。

 

日常のスナップ

暑い夏の間、つくし組、たんぽぽ組、すみれ組それぞれに深さ広さを考えた簡易プールを用意して毎日のように水遊びを楽しみました。ジョーロで水を汲み手や足に受けたり、シャワーのトンネルに声をあげて喜んだり、水の心地よさを感じながら後半はプールの中を自由に動き回る姿も見られ、暑い夏を楽しく過ごすことができました。保護者の方に遊びの様子を伝えると「家でもお風呂でやってみようかなぁ」などの声が聞かれ子どもの成長を喜び共有することができ嬉しく思いました。