先月の暮らしから

入園・進級式

入園進級式がポポちゃんホールで行われました。この日はチューリップや桜の花が新入園児をお迎えしているかのように咲きそろい、お天気にもめぐまれました。
親子共々とても晴れやかな表情でした。お名前を呼んでいただいたり、お歌を歌ったりお写真を撮ったり、お部屋を案内されて、担任の先生のお話を聞いたり等、和やかな保育園生活のスタートになりました。

 

お花見

 

内科・歯科検診

25日は内科検診でした。子供たちを嘱託医師の竹下啓先生は一人一人丁寧に診察をしてくださいました。
結果はご家庭にお知らせいたしましたので、ご確認下さい。

21日、田村歯科クリニックの小川奏司先生が歯科検診をしてくださいました。緊張気味の子もいましたが、殆んどの子ども達が口を大きく開けてみていただきました。
虫歯が見つかったお子様は早めに治療してください。そして、普段からしっかりと歯みがきをして、虫歯予防を心がけましょう。

 

 

草摘み遠足

20日(木)はよく晴れてさわやかな草摘み日和でした。園長先生や担任とお歌を歌いながら出かけました。
たくさんのよもぎをつんだりタンポポの髪飾りを作ったりスズメノテッポウ(草笛)をつくって鳴らしてみたりしました。
さくら組はタンポポの綿毛を飛ばして遊びました。積んできたよもぎは調理室の先生がおいしいお団子にしてくれました。おやつでおいしくいただきました。

 

お楽しみ演芸会

17日(月)第二保育園のホールにてボランティア「劇団そら」の皆様による演芸大会を行っていただきました。
日本の大道芸の一つである南京玉すだれや腹話術、紙芝居、どじょうすくいなど、子供たちは目を輝かせ喜んで拍手喝采でした。
第二保育園歯科嘱託医師神沢先生とその仲間の十人の皆様、誠にありがとうございました。

 

ジャガイモ植え

5日、もも組・うめ組は鷲宮保育園の小さい畑に、さくら組は鷲宮第二保育園の大きな農園にじゃがいもの種芋植えをしました。
半分に切った種芋の切り口に腐敗を防ぐ為草木灰をまぶしたり、優しく土をかけて「おおきくなぁれ!!」と願いを込めて植えました。
「じゃがいもさん、ばいきん食べてないかなぁ?」と毎日観察している子どもたちです。コロッケ?それともフライドポテトにしましょうか。収穫が楽しみですね。

 

農園だより

4月7日、平成29年度の新たな農園活動が始まりました。
まず初めの活動は、鷲宮保育園、鷲宮第二保育園、東鷲宮保育園のさくら組の子ども達によるジャガイモの植え付けです。ジャガイモは種ではなく、半分に切ったジャガイモを植えるんだよと説明を聞くと、目をまん丸くして驚く子ども達でした。
ジャガイモは「男爵」「メークイン」「キタアカリ」の3種類。植え付けから3週間、もう濃い緑の芽がたくさん出ています。収穫は夏!3種類の味比べをするのも楽しみです♪
他にもキャベツの苗が植わり、ブルーベリーの可愛い花も咲いています。登降園時、是非農園をのぞいてみて下さい♪
5月は夏野菜の植え付けを予定しています。

 

日常のスナップ