先月の暮らしから

1月は新春うどん打ち大会や新春コンサート、新年会での二人羽織などお楽しみがたくさんありました。寒さに負けず元気に過ごしました。

新春うどん打ち大会

銀友会の皆様(八人)地域の蕎麦打ち名人の皆様が集まっておいしいうちたてのおうどんをご一緒に頂きました。
10日(木曜日)さくら組のお部屋は麺うち道場になりました。お庭のかまどの茹で係は銀友会の皆様です。役員さんや子供たちはお弟子さんです。
賑やかに一人一人手を取って麺の伸ばし方こね方を教えて頂きました。おいしい打ち立て茹でたてのおうどんを頂いて世代を超えて楽しいひとときを過ごしました。
当日ご指導いただいためん打ち名人は小森弥市様、斉藤雄吉様、矢田ケ谷栄治様、森田晃様、岸秀夫様、高橋和己様です。ありがとうございました。

 

朝の会

朝の会は一年中行われていますが寒い日は支援センターを保温して室内で行われました。
内容は園長先生のお話と体操です。保育園の暮らしが何倍も楽しくなるように友達同士の暮らしのルールについて、おもいやりやがまんしたり許したり出来る大切さについて具体的にお話しを聞きました。
その後は特に楽しみな紙芝居をしていただきました。
「マッチ売りの少女」「ヘレンケラーのおいたち」
「しろいきこりくろいきこり」「なが靴を履いた猫」
「町のねずみ田舎のねずみ」「竜の目の涙」
「赤頭巾ちゃん」「食わず女房」
「鴨とり権べいさん」「イワンのバカ」
「一休さん」「欲張り犬」
「わらしべの長者」「ウサギとかめ」「7匹の子山羊」
など、世界の童話や民話偉人伝など沢山のお話を聞いて笑ったり喜んだり考えたりして楽しみました。

 

つくし組 外あそび

 

凧上げ大会

25日(金曜日)晴天に恵まれてこの日運動公園において全園児による凧上げ大会が行われました。
程よい風に恵まれてぐんぐんたこがあがりました。手作りのたこより市販のビニールカイトの方が高く高く良く上がりました。ご家庭でも挑戦させてやってください。

 

子供新年会

恒例の福笑いを行いました。目隠しをして出来上がるおもしろい福の神様の表情に大笑いしました。
先生方による二人羽織も行いました。あれ?いつもの先生が今日はちょっと大きいなぁと子供たちが見つめる中、名(迷?)演技が始まりました。おそばがなかなかお口に届かなかった場面、シュークリームが顔中に付いて困ってしまったり先生方が子どもたちを楽しませました。

 

新春コンサート

24日(木曜日)お正月恒例新春コンサートが第二保育園ホールで行われました。
出演はさきたま会児童センターリトミック担当の若手音楽家 中沢舞さん(サックス)。潤賀喜代美さん(ピアノ)。鈴木あゆみさん(パーカッション)でした。
楽しい演奏をありがとうございました。

 

サッカー大会

 

上内小学校交流会

 

お誕生日会

 

農園だより

2019年を迎えた農園では黒豆が収穫されました。黒豆といってもただの黒豆ではありません。「鷲宮産の丹波の黒豆」です!乾燥してパリパリになった鞘から一粒ずつ丁寧に取り出します。時にはイモムシがひょっこりすることもありましたが・・・大粒の豆がたくさんたくさん採れました。
黒豆は調理の先生が甘くツヤツヤに煮てくれて、そのまま食べたり、蒸しパンの中に入れて食べたりしました。子ども達にもとっても人気で事務室の須田さんの所へ「黒豆おいしかったよ~!」と伝えに来てくれる子もいるくらいでした。
農園で年を越したブロッコリー・人参・大根なども給食の食材としてまだまだたくさん使われています。野菜をたっぷり食べて、元気に春を迎えたいですね!

 

日常のスナップ

 

久喜警察署長より「交通安全感謝状」を授与されました