先月の暮らしから

4月から大勢の新園児を迎え、新年度が始まりました。お花見や草摘みなどのほか、お散歩にも出かけ、春爛漫の自然の中で子どもたちや先生方の笑顔もほころびました。

入園・進級式

2日、入園・進級式がホールで行われました。
新しい園児服を着て、お母さんと手をつないでうれしそうに、少し心配そうに門を入ってきたかわいい新入園児さんです。園長先生のお話を聞いて、船引先生の手品やうめ組さんの歓迎のオペレッタを見て緊張もほどけていきます。保護者会副会長さんや地域の皆様老人会の会長さん、かぐらの里所長さんをお招きして楽しく行われました。

 

お花見

 

内科歯科検診

嘱託医 竹下啓先生(医学博士)をお招きして行われました。
先生は一人一人丁寧に診察をしてくださいました。
20日には、歯科検診園嘱託 田村医院から小川泰司先生が見えて歯科検診を行って下さいました。

 

お散歩

保育園の周りは自樹木の繁るお散歩道がたくさんあります。
若葉のケヤキ並木、つつじの垣根、花水木の林もため息が出るほど美しい季節です。
たんぽぽクラスでも「散歩に行きましょうね」と声を掛けるとうれしい気持ちいっぱいニッコニコの表情で早くも靴箱のほうに歩き出す子もいます。ゆっくりと手をつないだり乳母車に乗って商店街や公園に出かけます。商店街ではツバメが盛んに飛びかっていました。八重桜も満開でした。本当にお散歩の楽しい季節です。

 

草摘み遠足

ぽかぽか陽気の青空晴れた遠足日和に恵まれました。園長先生から実際に蓬や野蒜、セリの実際の姿を見せていただいて名前を覚えました。匂いも確かめました。
「蓬を摘んだ後はでンポポやれんげ草のお花を摘んで遊ぼうね。」
「は~い」
お手々をつないで野道に出かけました。たくさんのヨモギを摘んだりタンポポの髪飾りを作ったり、スズメノテッポウ(草笛)や葦の笛を作って鳴らしてみたりしました。
ひばりが鳴いていました。トラクターが土を起こしていました。電車も見ました。
タンポポの綿毛を口で吹いて飛ばして遊びました。新入の子も打ち解けて楽しいひと時を過ごして元気に帰ってきました。

 

農園だより

昨年のようす

田植えや夏野菜の苗植えの時期を間近に控えた農園です。ネットの補修、土作り、マルチ張り・・・子ども達が活動する前の下準備は事務の須田さんが担当して行ってくれます。もちろん先生達も手伝いますが、須田さんこだわりの作業には先生達も手を出せません(笑) 登園・降園の時間に農園作業をしている須田さんを見かけたら、是非声を掛けてあげてください!
今月上旬には夏野菜が植えられ、そのあと田植え(代掻き&苗植え)を行う予定です。さくら組のドロドロの泥んこ遊びも楽しみです♪

 

乳児部の暮らし

入園・進級から1ヵ月が過ぎました。初めて会う保育者やお部屋に不安そうだったお友達も今では登園して来てお家の人と離れる時も和やかな表情で元気にお部屋に入って来てくれます。天気が良い時は、つくし組はバギーで、たんぽぽ組・すみれ組はお散歩ロープを使って元気にお散歩に行っています。歩道で行き交う街の方々が「かわいいね」「いってらっしゃい」と声をかけてくださるのも嬉しいです。お部屋では製作をしたり、ボールハウスや車のおもちゃ等で楽しく過ごしています。

 

日常のスナップ