お父さんの作文 2019年度

2019/10 1園 つくし組保護者 泉様

感謝

昨年産まれた双子の息子達が一歳の誕生日を迎えようとしています。
妻のお腹に二つの命が宿ったとわかってからの一年九カ月、一番の功労者はやはり妻です。お腹の中で命を育て、産み、初産での双子育児、すべて大変だったはずです。私も夫として父として出来るかぎりのことはしようと努力していますが、お恥ずかしい話ですが妻の力になれていると誇りを持って言えるほどのことはできていません。むしろ妻に支えてもらってばかりの毎日です。本当に感謝しています。
未熟児で産まれた子供達も最初はどうなることかと心配事も多かったですが、今はそんな不安を吹き飛ばすくらい元気です。明るい話題ばかりではないですが、元気な二人の姿が見られることにとても幸せを感じる毎日です。本当にありがとう。
子供達へ、一歳のお誕生日おめでとう。妻へ、お母さん一年間お疲れさまでした。先生方、この原稿を書く機会を頂きありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

2019/10 2園 うめ組保護者 田口様

思い出

私が鷲宮保育園を卒業してから早数十年、娘が同じ保育園に通っていることがとても感慨深い気持ちになり、当時の思い出が鮮明によみがえってきます。
はとぽっぽ体操にマラソン、初めてのプール遊び、運動会での鼓笛隊、親子で作る竹馬、いろはかるたの暗記等、まだまだ数え上げたらキリがありません。
娘が家に帰ってきて園での出来事を楽しそうに話している姿を見ていると、ああ自分もこんな風だったのかなと楽しいほのぼのした気持ちになってしまいます。
娘には園での体験や経験を通して、友達を思いやる明るい子に育ってほしいと思います。

 

2019/09 1園 さくら組保護者 野口様

パパもがんばります

私は朝が早く夕方は遅く、確定の休日が少なくてなかなか一緒に居られないですが、自宅に帰って来たら我が子ふうかが「おかえり!」と元気よく出迎えてくれます。そして園や家庭のその日の出来事を一生懸命説明してくれます。最近ではお姉ちゃんとしての自覚が芽生えて、下の子が泣くと「ほらほら、おねえちゃんだよ」と優しく言ってあやすのを手伝ってくれています。それと同時にお食事や洗濯のお手伝いを率先してするようになり成長を喜んで大助かりしています。
一緒にいられる時間は少ないですが家族の光景を見るたびに仕事が頑張れます。これからもふうかの日々の成長を温かく見守れたらなと思っています。

2019/09 2園 うめ組保護者 松川様

幼少期の思い出

私は、沖縄の宮古島という小さな島で生まれました。
私の幼少期の思い出は、父(璃音のおじいちゃん)とよく一緒に魚釣りに行ったことです。
父が仕事の休みの時、また、仕事が早く終わった日などはよく魚釣り連れて行ってもらいました。海に囲まれた小さな島のため、魚釣り以外で特に公園などで遊んだ記憶はありませんが、父と一緒に魚釣りに行ったのは今でもよく覚えています。父が手作りで作ってくれた竿で、初めての魚が釣れた時の記憶は今でもはっきり覚えています。
鷲宮第二保育園の園児のみんなにも、大人になっても覚えているような思い出をたくさん作って行ってもらえたら良いなと思います。

 

2019/08 1園 たんぽぽ組保護者 やました様

息子の成長

息子を鷲宮保育園に入園させて頂き、二年目になります。入園当初は息子が0歳だったこともあり、不安もあった毎日でした。
現在は息子も保育園の暮らしに慣れた様子であり、「保育園に行こう」と声をかけると、自ら登園の準備をします。目に見えて少しずつ成長する息子の姿を、嬉しく感じております。
仕事が忙しく数日会えなかった後に息子と遊んでいると、その成長ぶりに驚かされるほどです。ブロックや積み木で何かを作ろうとしたり、遊んだ玩具や本をお片づけをしようとしたり、今まで出来なったたくさんのことが出来る様になっています。
最近嬉しいのは、「ママ」、「パパ」という言葉を覚え、妻や私を呼んでくれるようになりました。歌に合わせて踊ることもできるようになり、歌ってほしいと何度もせがむようになりました。保育園で色々と教えて頂いている結果だと思います。先生方、お友達の皆さんには楽しみながら見守りたいと思います。

2019/08 2園 さくら組保護者 早坂様

息子の成長

私もここ鷲宮町で育ち、幼少期は鷲宮保育園にお世話になりました。私の保育園での思い出は、はじめ行きたくなくてよく泣いていたのを覚えています。それに比べて、長男次男共々泣かずに毎日元気に行っており、玲桜は私が帰ってくると、その日にあった出来事を全て話してくれます。
先生のことが大好きで、お手伝いした事を得意げに話したり、お友達、特に女の子との話もよくします。
あと少しで卒園となると寂しいですが、鷲宮第二保育園での楽しい思い出をたくさん作って毎日元気に成長していく息子の姿を見守って行きたいと思います。

 

2019/07 1園 すみれ組保護者 矢治様

息子と共に

鷲宮保育園に入園し一年と二ヶ月。よちよち歩きでおんぶされて散歩に通っていた息子も今では歩き走り回っています。
三月生まれのためか周りのお友達がいつも「りおんくん、おはよう」と声をかけてくれたり、お世話してくれ、温かい雰囲気に有難く思っています。最近は絵本の「はたらくくるま」命で、車の話そのことばかりお話しています。友達や先生の名前も少しずつ覚え、自分なりに保育園での話しをしてくれることがあり、嬉しく成長を感じています。先生方も沢山愛情を持って接してくれているからこそ保育園にも楽しく通えているんだと思います。いつもありがとうございます。
人見知りな息子ではありますが、これからも元気に楽しく保育園生活を送ってもらいたいです。これからもよろしくお願いします。家族も息子と共に楽しく元気に暮らしています。

2019/07 2園 かぐらたんぽぽ組保護者 傍島様

思い出と願い

第二子が生まれ、この原稿の執筆時には6ヶ月の育児休業の一ヶ月目が終わろうとしています。
第一子のときも3ヶ月の育児休業を取得しました。大人二人で相対する子どもは一人。はじめは大した労力では無いと思っていました。でも、寝ない! 赤ちゃんの睡眠をまるで雨乞いでもするかのように待ち望む日が来るとは夢にも思いませんでした。おっぱいを飲んでウトウトしていると思ったら、ウンチをする。オムツを交換してあげると、目が覚めてしまう。また飲むとウンチ・・・これには二人とも参ってしまい、かなりイライラしたものです。
かたや第二子は全くウンチが出ない! ウンチ乞いする日が来るとは・・・
それぞれの個性を感じつつ、育休を楽しんでいこうと思います。

 

2019/06 1園 さくら・すみれ組保護者 大久様

息子の成長

最近は「いってきます!」、「ただいま!」と大きな声で言えるようになりました。その他にも挨拶や返事をちゃんとできるようになり、保育園のお友達や先生のお話も積極的にしてくれます。
逞しく成長した息子の姿は父として微笑ましい限りで、家庭内におきましても弟の世話をしてくれたりとすっかりお兄さんです。プライベートでは、仮面ライダーのカードゲームや、毎週一緒にお出掛けをして公園で遊んでいます。よく保育園のお友達と会い、恥ずかしそうにしながらもニコニコして一緒に遊び始める姿は可愛らしく感じます。
自分らしく成長してほしいと日頃から思っているのですが、鷲宮保育園に入園以降は本当に長所を伸ばし、明るく優しい子に成長してくれています。これからも恵まれた環境の中で沢山学び、感じてくれることを父として願っております。

2019/06 2園 さくら・すみれ組保護者 倉本様

思い出と願い

私の幼少期は、母方の実家が自営業という事もあり、たくさんの人と触れ合う機会が多かったものです。
保育園のお迎えなどは父母ではなく、祖父母やおじでした。幼なじみと一緒に帰ったりもしました。また、季節のイベントや誕生日、旅行などもみんなで集まり、うれしくていつも“わくわく”していたのを覚えています。
子ども達が産まれた今でもそれは続いています! 志緒も律も「早くいきたいなぁ~」なんてキラキラ目を輝かせていて、その姿を見ているとあの頃の自分もこんな感じだったんだなぁと重ねてしまいます。
これからもっともっとたくさんの人と出会い、たくさんの事を経験していくと思います。いつまでも“わくわく”する気持ちを忘れずに色んな事にチャレンジしてほしいと願っています。パパは君たちの成長を“わくわく”しながら見守っていきます。

 

2019/05 1園 もも組保護者 みね様

息子の成長

鷲宮保育園に入園させて頂き、早三年が経ちました。入園当初は毎朝大泣きしていたこと、脱臼や喘息で入院した時期もあり不安もあった毎日でした。
そんな息子が今では元気に保育園に通い、先生やお友達との出来事を楽しそうに話してくれます。
最近ではご飯の時に「お箸で食べるー」や「ひとりでトイレ行くー」等の意思表示が出来る様になり、たんぽぽ、すみれ、もも組に進級するにあたり日々の成長に驚かされる毎日で、先生方にはとても感謝しています。
家庭では食器の後片付けや自然と触れ合いながらの野菜の収穫・草取りを一緒にしてくれたりと沢山のことに興味を持ち、「自分でやるからやらせてー」と力仕事までする意欲的で頼もしい息子です。
今、頑張って覚えようとしていることはお風呂で1~10まで、英語でone~tenまで数えること。どうしても「一、二、三、五…十でったよー」と、四が毎回抜けてしまうようですが一生懸命に指を使っている姿をみて愛おしく、そして嬉しく思います。
私は不規則な仕事なのですれ違いで会えない時もありますが、休みの日は子供と遊ぶ機会を増やすようにしています。沢山の思い出をつくり、子供の成長をあたたかく見守りながら楽しんでいけたらと思います。

2019/05 2園 つくし・もも組保護者 中山様

朔玖の成長

平日は、朔玖に会えるタイミングが少ないのですが、休日に一緒の時間を過ごすと、自分でできる事が増えていたり、いろいろな言葉を覚えて使えるようになっていて、日々成長しているなと感じています。
最近は、戦隊ヒーローが好きで、戦いごっこをしておりますが、敵役の私に「ママと弟を守る!」と言いながらおもちゃの剣や銃で倒す素振りをしてきます。「大好きな人を守る」という頼もしい一面を見せくれています。また、自己主張ができるようになって、嫌なことや自分の思い通りにならないと反抗したりして、妻や私を困らせることがあるけれど、それは、自立していくための成長の過程と思っています。朔玖がこれからどんな男の子に成長していくのか本当に楽しみです。
最後に、先生方には子育てのことや朔玖の保育園での様子などを親身になってお話いただいていると妻から聞いております。朔玖の成長を温かくサポートしていただき大変感謝致しております。これからもよろしくお願い致します。

 

2019/04 1園 もも組保護者 土谷様

笑顔輝く娘の成長

毎日毎日、笑顔が絶えない我がかわいい子の笑輝。その笑顔で家族皆、毎日幸せな気持ちでいっぱいにしてくれます。
お陰様でこの一年ですごく成長し、気配りが出来る優しいよい子に成長しました。普段、家庭ではちょっと甘えん坊ですが、お母さんのお手伝いを色々とやってくれます。また、友達や先生と遊んだ事、お散歩に出かけた事などこまごまと沢山のお話ができるようになり、ご機嫌がすごく良い時は先生に習ったお歌を歌いながら踊ったり色々物まねして遊んでいます。
これからも元気で優しく怪我や病気に負けず、すくすく育ってゆく笑輝を見守りたいと思います。
笑輝は本当にかわいい愛しい宝物の娘です。家族みんな大好きです。

2019/04 2園 もも・すみれ・つくし組保護者 長野様

保護者代表依頼のことば

本日は、新元号「令和」の発表という日と重なり、新たな門出に相応しい日に、子ども達の為にこの様な盛大な入園・進級式を催して頂き本当にありがとうございます。
先ほどから子ども達の姿を見ておりますと、ようやく一つ階段を昇ったという安堵感と喜びで感慨もひとしおでございます。園長先生をはじめご来賓の皆さまには温かいお言葉を頂戴し、鷲宮第二保育園が「安心して子どもを預けることが出来る保育園」であることを改めて実感致しました。
わが子が次第に懐から離れていく様子は寂しくもあり、頼もしくもあります。これから先の3年間は、子ども達はココで様々なことを学び、色々な経験を積んでいく事でしょう。家庭では出来ない「社会生活」という物の勉強を先生方のお力をお借りしながら子ども達が学んでいくものと思います。私達保護者も先生方と密に連携を取り合いながら、しっかりと家族の絆を深め、子ども達と共に成長して参りたいと思っております。
結びにあたり鷲宮第二保育園のご発展並びに園長先生、諸先生方そしてご臨席の皆さまのご健勝をお祈りするとともに、子ども達への温かいご指導を重ねてお願い致しまして、ごあいさつとさせて頂きます。

社会福祉法人 さきたま会