お父さんの作文 2020年度

2020/07 1園 もも組保護者 川畑様

子供の成長

咲友奈は三人兄弟の末っ子で、十一歳の兄と八歳の姉がいます。兄妹の中では一番負けん気が強く、家族みんなが手を焼く場面が多々ある程、いつも活発で元気いっぱいです。
以前は「ママじゃないとやだ」とだだをこねる事が多かった咲友奈ですが、最近では休日にはパパと二人でお散歩して公園に遊びに行くなど一緒に楽しく過ごせるようになり、とても嬉しく思います。
今ではもも組となり、咲友奈は四歳になりました。鷲宮保育園に入園して以来、お遊戯会や運動会などの行事を通し、毎年喜びと驚きを感じています。この様に日々成長していく姿を目の当たりにし嬉しい限りです。
いつも子供たちの成長を支えて下さる先生方には大変感謝しております。これからもご指導をよろしくお願い致します。

2020/07 2園 さくら組保護者 東田様

成長

さくら組になってからは、朝の保育園に通う準備など、全部自分で出来るようになりました。
お姉ちゃんたちがケンカをすると、仲裁に入ったり、誰かが風邪をひいたりケガをしたりすると、「大丈夫だよ」と優しくしてくれる小夏。そんな姿を見るたびに成長を感じています。
今年は、最後の保育園生活です。
毎日、小夏から保育園の話を聞きながら、園長先生、先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

 

2020/06 1園 うめ組保護者 石橋様

わが初娘へ

娘の梨代は、男三兄弟の下に長女として産まれました。生まれくる前は男の子と聞いていたので、男四兄弟を覚悟していたのですが、生まれてすぐ助産師さんに「元気な女の子ですよ。」と言われびっくりしたのを思い出します。
初の娘ということで、大きな喜びと嬉しさもありますが、どう扱っていいのか、男兄弟の中でどう成長するのか少しの不安がありました。しかし、成長するにつれ、パパや兄に花を摘んできたり、お手伝いを率先してやろうとしたり、パパの着替えを手伝おうとしたりと、すっかりおねえちゃんになり、やはり男の子と女の子は違うんだなぁと実感しています。
娘となるとついつい甘やかしてしまい、わがままにならないか心配なところはありますが、これからも上のお兄ちゃん達と仲良く元気に成長していってくれればと願っています。先生方にはよろしくお願いします。

 

2020/05 1園 もも組保護者 杉山様

友達に学ぶ

たんぽぽ組の時から通園して三年目となりました。私たちは共働きのため妻の育児休暇を終えると同時に入園させて頂きました。それまでは家族と遊ぶことしかなかったので、預けた当初は友達ができるか心配でしたが、今では自分から友達のお話をしてくれたり、友達との遊びを求めるようになりました。
家族と過ごして学ぶこともありますが、一番の学び相手は同年代くらいの友達と一緒に生活をして競うことだと感じました。食事や着替えに排泄等、家庭で躾けることが大変なことも、友だちと生活することで楽しく覚えられるようで、いつの間にか出来るようになっていたという喜びと驚きがありました。
私の仕事は休暇が取りにくいので、子どもには寂しい思いをさせていますが、毎日楽しく生活している様子をみると保育園には感謝しかありません。
今年から幼児部となり就学のための学びもあると思いますが、園の暮らしの中で卒園まで日々の成長を楽しみにしています。

2020/05 2園 さくら組保護者 上島様

親と子

いつだったか、母に言われた事がある、「あんたの子供は頃は頑固で強情で、云々」。
適当に聞き流していたら、今、目の前に、見た目も自身の幼少時にソックリで、頑固で強情な5歳児が。
「そ~いうことか~」と苦笑をしつつ妙に納得。なにも、そんなとこ似なくても。
時にその無邪気さゆえのストレートな感情表現に対し、こちらも大人げなく感情的になる事もしばしば(ごめんね)。けれど、そんなこんなで、5歳児と父親5年生、お互いに切磋琢磨して2人3脚・・・おっと、ママも入れて3人4脚で、楽しく成長しながら暮らせたら良いなぁ。
巣立ち・親離れへのカウントダウンがすでに始まっているとするならば、時間がゆっくり進めばいいのに・・・なんてね。

 

2020/04 1園 さくら組保護者 髙松様

千を与えてくれる君へ

千与さん、これを書いている現在、世界中がウイルス禍で大変なことになっています。
勝つことや一番に拘って負けると不機嫌になる君。
自分の失敗を許せずに、直ぐ不貞腐れる君。
お姉ちゃんのものを欲しがり、でも彼女が本当にそれを必要としていたら譲ってあげる優しい君。
僕が思いつきもしない様な独創性をみせる君。
大切なお友達や先生の事を誇らしげに語る君。
全部ぜんぶ大好きです。
世界は変わるのかも知れないし、変わらないかも知れません。
どんな未来になっても、自分の事が大好きな千与さんであり続けて下さい。

令和二年春 仕事が減っている父より

2020/04 2園 たんぽぽ組保護者 髙野様

兄妹

妹が産まれてからは優しくて、妹が泣いているとトントンしてあげたりオムツを換えようとしているとオムツを持ってきてくれたり、ありがとう。お兄ちゃんお姉ちゃんの真似をしながら一緒にお世話をする姿を見ると、兄妹の日々の成長を感じます。
兄妹が4人もいるとけんかすることもありますが、けんかしながらも仲良く、心身共にますます成長していく姿を楽しみに見守っていきたいと思います。
園長先生はじめ先生方には今後ともよろしくお願いします。